2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

予想手法について その1 用語解説

ブログの文体をどうしようか悩み中の佐渡善朗です!
Twitterでは、かなり丁寧な言葉遣いを意識していたのですが、かえって読みにくくなってる気が・・・。
どういう書き方がいいのかしばらく模索していくので、文末が一致していない文章もでてくるでしょうがご容赦ください><

それでは、これから数回に分けて私、佐渡善朗の予想手法を紹介していきます。
まずは、そもそもなぜラップ分析、特に上がり4ハロン分析をメインとした予想をしているのかについて書こうと思います。

・・・という予定だったのですが、なかなかの大作になってしまいそうだったのでひとまず断念しました(涙)
時間をかけて予想手法については書いていこうと思います。

今週の重賞展望を先に行いたいので、それに先立ってこれから展望記事に出てくる用語についての解説を先に済ましておきます。

スポンサーリンク




1.最速地点

これは文字通り、上がり4ハロンの中で最も速い地点のことです。
例えば、
12.5-11.5-11.0-12.0
という上がりラップだったら、上がり2ハロン目が最速地点です。

いちいち上がり〇ハロンと書くのは面倒なので、
L1、L2、L3、L4
と表します。もちろん上り2ハロン目が最速ならL2と表します。

2.最高速度

これも文字通りです。最速地点での上がりタイムのことです。
先ほどの例と同じく
12.5-11.5-11.0-12.0
のラップだったら、11.0が最高速度です。

こちらは速度によって
超高速、高速、低速、超低速
と4つに分類します。

基準は(現時点で)以下の通りです。
これは、もっといい分類がないか日々研究中です。

~10.9 超高速
11.0~11.4 高速
11.5~11.9 低速
12.0~ 超低速

ダート

~11.4 超高速
11.5~11.9 高速
12.0~12.4 低速
12.5~ 超低速

3.失速度合

これは、最高速度とラスト1ハロンのラップタイムの差のことです。
12.5-11.5-11.0-12.0
のラップだったら、11.012.0の差である1.0が失速度合です。
また、
12.0-11.0-11.5-12.5
のラップだったら、11.012.5の差である1.5が失速度合です。

これも以下の4つに分類しています。
超持続、持続、失速、超失速

基準は以下の通りです。

~0.2 超持続
0.3~0.5 持続
0.6~0.9 失速
1.0~ 超失速

3つの用語について解説しました。
これからの展望・予想記事では、「L3高速持続だから~」みたいな書き方をしていきます。
コメント等でご質問いただければその都度お答えしますので、
「ふーん、わざわざこんなことしてるんだなぁ」
くらいの気持ちでひとまず見ていただければかまいませんので!

明日、今週行われる3重賞の過去ラップ分析を行いますので、よろしくお願いします!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする