2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

9/9中山9Rアスター賞【自信度C】

スポンサーリンク




過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
15  L2  高速  超持続 
16  L2  低速  超持続 

ここ2年どちらもL2超持続戦。前半のペースが緩みがちで、勝負どころからラストまではスピードが落ちないレースとなっています。
先行馬に有利な展開で、ここ2年も1着先行馬、2着逃げ馬という決まり手。
前に行くことができ、持続戦を経験している馬が狙い目となります。

予想【自信度C】

◎04マイティーワークス
注01ソイルトゥザソウル

単勝4(33%)
複勝4(50%)
馬連1-4(3%)
ワイド1-4(13%)

◎04マイティーワークス

新馬戦が新潟1400でL2低速持続戦。これを先行して粘る逃げ馬をかわした形です。
先行力があり、末脚の持続力を新馬戦でみせたことに好感が持てます。
また、単純に新馬戦の1:22.8というタイムは好時計で、能力の高さも証明済みです。 外からノームコアがハナを取りにくるでしょうが、これを行かせて2,3番手からの競馬になれば勝機はあるはずです。

注01ソイルトゥザソウル

これは勝ち上がった未勝利戦の内容に注目。
福島1200でL2低速持続戦を後方から差し切ったのですが、1200でL2最速戦になることが珍しく、前半の追走スピードが問われないレースでした。
そんな流れを後方から差し切ったのですが、これは本質的には1200より長い距離で良さが出そうな印象が強いです。
幸い最内枠を引けたので、ある程度ポジションをとっていけそうですし末の持久力ならこのメンバーでも上位です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする