2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/04/21福島11R福島牝馬ステークス予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

福島牝馬ステークスの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速 超持続
17 L4 低速 持続

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続)

想定上がり:L2低速失速

 過去レース分析で今年の展開についてもある程度書きましたので、そちらもご参照ください。

 逃げるカワキタエンカに抵抗するとすれば、ダートからの転戦組であるサルサディオーネですが、テンのスピードが少し足りないでしょうか。最内なので、スタートが絶好ならハナを叩くチャンスがありますが、外からカワキタエンカにかぶされると先頭に立つのは難しくなります。

 中山牝馬ステークスのラップが

 125-12.1-12.3-12.3-12.1-12.3-12.0-11.5-11.9

 と、最序盤がかなり遅いものの、道中は必要以上には緩めていません。カワキタエンカは前回が大外枠で、内の動きを見ながらゆったりと先頭に立てましたが、今回はハナを取るのにもう少し脚を使いそう。なので、これよりも序盤が少し速くなって、その分終いが少し止まるイメージで予想します。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)
◯07キンショーユキヒメ
▲09ブラックオニキス
△04カワキタエンカ

単勝◎
馬連◎-7,9
3連複1頭軸◎-4,7,9 (3点)
3連単◎→4,7,9→4,7,9 (6点)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)

 近2走の内容からも、しっかりと力を出し切れれば能力が一番高い馬はこれです。

 500万、1000万では、ロングスパート戦で長く脚を使う形で勝ち上がってきましたが、重賞路線ではL2最速戦で切れ味をみせて好走しています。昨年末からの充実度は非常に高く、まだ本当の意味で一番高いパフォーマンスがどの流れをみせてない魅力があります。

 ラップ面よりも、小柄な馬なので連続の長距離輸送での負担や斤量増の方が気がかりです。少頭数で脚は出し切りやすい環境が整ったので、3コーナーで外から勢いをつけていければ。

◯07キンショーユキヒメ

 この馬は愛知杯・中山牝馬ステークスと続けて評価している(本命馬もそうですが)のですが、イマイチの結果が続いています。1000万・1600万の連勝の内容が、ともにL3最速戦と淀みない流れのロングスパート戦向きです。

 中山牝馬ステークスは、反応勝負になったぶん直線の入口で置いていかれました。とにかく淀みなく流れてほしい他力本願タイプです。

 中山牝馬ステークスよりは流れが向くと思うので(中山牝馬のときも同じように考えて評価したのですが)、とにかく速く流れてくれれば・・・といったところです。

▲09ブラックオニキス

 こちらは、時計がかかる小回り中距離戦で非常に安定しています。

 前走も、先行馬の中では一番外を回す形になりましたがよく粘って5着。今回も外枠ですが、頭数が少ない分ロスの少ない競馬が出来そうです。

 愛知杯のように、12.1-11.8-11.3-12.0とL2地点で鋭さとトップスピードを求められると厳しいですが、ロングスパート戦になれば崩れていないので、ロスなく立ち回れれば前走以上も望めます。

△04カワキタエンカ

 今回も主張すればハナはとれるでしょうが、大外枠で最序盤ゆったりと入れた前走と違い、内と外に積極策を取る馬に挟まれました。

 逃げて直線で一瞬脚を使える強みがあるので、やはり主導権を取ってギリギリまで溜めるレースをしたいでしょうが、前走より楽になることはないでしょう。

 メンバー的にはだいぶ軽いので、連続好走の可能性はありますが、1番人気でアタマに据えたくはありません。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする