重賞回顧・競馬の考え方はこちらの新ブログへどうぞ!

2018/01/14中山11R京成杯予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

京成杯の過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L3 低速 持続
17 L2 超低速 超持続

(すべて良馬場)

(最高速度:11.5~11.9が低速、12.0以上が超低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2が超持続、0.3~0.5が持続)

想定上がり:L4低速持続

今年の展開のカギを握るのはコスモイグナーツ。

ジェネラーレウーノが大外に入ったのでこれが逃げる可能性もありますが、柴田大知騎手とマイネル軍団のコンビですから溜めて流れを作るのではなく、ペースを途中から引き上げていくことになるでしょう。

中山金杯のマイネルミラノのようなペースをイメージすればいいでしょう。さすがにあそこまで極端なロングスパートにはならないでしょうが。

実際この馬の未勝利勝ちは、向正面から動いていって11.9-11.9-12.2-12.4のL4低速持続戦。今回もこのようなレースの流れをイメージすればいいでしょう。

この時期の中距離戦は、スローで流れてトップスピード勝負になることが多いですが、今回の京成杯は低速の持続力勝負。スローの新馬・未勝利で勝って人気している馬よりも、ロングスパートで結果を残した馬を狙っていきます。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ(30位前後にいます)
ダブルシャープ(追記:レース後に公開しました)
◯07エイムアンドエンド
▲12タイキフェルブール

単勝◎ (40%)
単勝7 (25%)
単勝12 (4%)
馬連◎-7 (4%)
馬連12-◎,7 (1%×2)
ワイド◎-7 (18%)
ワイド12-◎,7 (3%×2)
3連複◎-7-12 (1%)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(30位前後にいます)
ダブルシャープ(追記:レース後に公開しました)

本当は面白い穴馬を見つけて、この馬をヒモの1番手で買おうと思っていたのですが、ピンとくる馬がいなかったので本命に格上げして評価しました。

過去レース分析でこのレースのポイントとして

1.小回り実績
2.持続戦経験
3.関西馬

上記の3つをあげましたが、これをすべて満たしています。

小回り実績に関しては重賞実績通り。オープン勝ち・重賞3着ともに持続戦でしたし、持続戦経験も全く問題なし。そして関西馬(純粋な関西馬ではないですが…)

ここ2戦は長い直線コースのトップスピード戦に苦労した印象ですが、それでもそれなりには走っていますし、ここまで走ってきた相手を考えると明らかに今回は与しやすいメンバー。

アタマの可能性が一番高いということで本命にしました。

◯07エイムアンドエンド

小回りを使ってきていない馬ならばこれ。

デビュー戦は評判馬オブセッションに敗れましたが、2戦目が東京の未勝利戦ながら持続戦。61.2-60.1とややスローですが、2歳未勝利にしてはしっかり流れたレース。終いも切れ勝負にならず、12.3-11.8-11.7-11.8の超持続戦。これを3番手から押し切りました。

小回り経験はないもののロングスパート経験があるのは大きな強み。ほかにロングスパート勝負で好走している馬も少ないので、関東馬ならこれを買いたいです。

▲12タイキフェルブール

これは過去レース分析の特注馬にもあげました。

小回り・持続戦実績は福島の未勝利戦2着で経験しています。ダートで2連勝していますし、本質はダート馬でしょうが、ロングスパート戦経験の乏しいメンバーでこれくらいならチャンスがあるでしょう。

その他の馬

人気のデルタバローズ・コズミックフォースは東京での直線の軽い勝負しかしていませんし、いかにも消したいタイプの馬。

ジェネラーレウーノは中山内回り勝ちがありますが、これはスローのL2最速戦で切れ勝負。こちらもあまり買いたくはないです。逃げられるかどうかのリスクもありますし。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. […] 京成杯の予想記事はこちら […]