2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

9/16阪神11Rオークランドレーシングトロフィー【自信度D】

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
15 L2 低速 失速
16 L4 高速 失速

阪神競馬場は台風の影響で、ダートコースは重・不良のいずれかになりそう。近2年のオークランドレーシングトロフィーは良馬場でした。15年以降の阪神ダート1800の重・不良戦は4戦あって、高速失速戦が3レースで低速失速戦が1レース。さすがに最高速度は高速になりますし、スピードも超失速戦のようにはっきりと落ちることはありません。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

◎11ドラゴンバローズ
◯12コパノアラジン
×07マッシヴランナー
×09ウエスタンパレード

3連単11→12→7,9 (20%×2)
3連単12→11→7,9 (15%×2)
3連単11→7,9→12 (10%×2)
3連単12→7,9→11 (5%×2)

◎11ドラゴンバローズ

前走はL4超低速持続戦。トップスピードが問われない持続戦で3着。2走前名古屋城Sが重馬場のL2高速失速戦で2着。今回の条件に近い方が好走しています。

1000万下勝ちも重馬場でしたし、雨が降るのは歓迎。外目を引いたので無理なく好位も取れそうで、順当に勝ち上がるチャンスです。

◯11コパノアラジン

こちらは前走釜山SがL4高速超失速戦。今回と同じメンバーが7頭いるレースでしたが、その中では一番前にいて6着。勝ち馬、3着クールオープニング、4着サンライズネオは序盤後方集団にいた馬で、ハッキリ前の馬には厳しいペースでした。これを粘れたのは好感が持てます。

そもそも1000万を連勝したレースがともにL2高速失速戦。阪神実績がないので2番手評価ですが、レースの質としてはドラゴンバローズと同等の素質があります。

×07マッシヴランナー

人気馬2頭を◎・◯に据えたのでヒモは穴候補。

マッシヴランナーは前述の釜山Sで先行したものの大失速。ただ、先行勢には厳しいペースで、先行して粘った馬をほめるべきでしょう。

3走前がドラゴンバローズと同じ名古屋城Sで4着。ハンデ差は1キロで着差は0.5差。ドラゴンバローズ以上の評価はできませんが、トップスピードを問われた方がいい馬なのは確かです。重馬場実績もあるので穴馬の中からまずはこれ。

×09ウエスタンパレード

もう1頭の穴馬は重・不良実績があるウエスタンパレード。

1000万勝ちのレースが不良馬場でL4高速失速戦。最速地点は前がかりですが、高速で最後まで落とし切っていません。1600万に上がってからは先行できていないのが気がかりですが、条件は合いそうで、前半でついていければ一発もありえます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする