2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

9/18中山10R浦安特別【自信度D】

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
15 L4 超高速 超失速
16 L4 高速 超失速

中山ダート1200はほとんどがL4超高速超失速戦。スタートしてから下り坂で勢いがついて、その勢いのまま急坂を惰性で駆け抜けるコースです。

前半のペースが早く、ラストは13秒近くまで落ち込む極端なコースで適性がはっきりと活きる条件です。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

◎02ペイシャバラード
△01トロピカルスパート
△04ビービーサレンダー
△08トーセンミッション
△11ナムラヒューマン
△12ソルプレーサ
△14リンガスウーノ

単勝2 (25%)
3連複1頭軸2-1,4,8,11,12,14 (5%×15)

◎02ペイシャバラード

前走は初の1000万でしたが、外から逃げてL4超高速超失速戦で3着。クラスのめどをたてました。500万勝ちもL4超高速超失速戦で、適性ははっきりしています。

左回りを中心に使われているので、中山でのレースはデビュー戦となる未勝利戦のみですが、福島で勝ち鞍もあり右回りでも走れます。逃げ馬も少なく、内からでもハナが取れそうで逃げ切りを期待します。

△01,04,08,11,12,14

ヒモの6頭のうちトロピカルスパート、ビービーサレンダー、リンガスウーノは今年L4超高速超失速戦で勝っています。トーセンミッションとソルプレーサは3着。残りのナムラヒューマンは2走前が9ヶ月ぶりのレースでしたが、L4高速超失速戦で13番人気4着。休み明けでいきなり超失速戦で走れたように向いています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする