2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

9/18中山9R白井特別【自信度D】

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
15 L1 低速 超持続
16 L2 高速 超持続

オープンクラスともなるとロングスパート戦が多くなる中山芝1800ですが、条件クラスだと仕掛けどころが後ろになり、ほとんどのレースがL2最速戦となります。

仕掛けが遅くなる分失速度合は少なく、超持続または持続のレースが多いです。

最高速度に関しては、これも仕掛け遅れの分高速になることも多いですが、明日は雨の影響が残りそうな馬場ということもあり、基本低速決着になるとみています。

よって、L2低速持続戦の実績がある馬を中心に馬券を組み立てていきたいです。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

◎05フォワードカフェ
◯06ハナズレジェンド
▲08フローレスマジック

馬連5-6、8 (40%×2)
3連複5-6-8 (20%)

◎05フォワードカフェ

 北海道で4戦してきたフォワードカフェ。馬券圏内に入った2戦はL2低速持続戦とL2高速持続戦。前走は大敗しましたが、こちらはL4低速失速戦。これまでの戦績をみても、良績はL2最速戦に集中しており、あまり脚は長く使えないですが仕掛けどころが遅くなれば対応できている馬です。

前走大敗の影響で人気が少し落ちそうなここは格好の狙い目です。

◯06ハナズレジェンド

今年の初めまでは馬券圏内を外したことがなく、底をみせていませんでしたが準オープンの壁にぶつかってしまいました。

しかし、この馬も使える脚が短い馬で、L2最速戦に限れば連を外したのは1回だけ。前走はフォワードカフェと同じ日高特別でしたが、L4低速失速戦で今回に限ればあまり気にする必要はありません。

相手もだいぶ軽くなったここは、順当に巻き返すチャンスです。

▲08フローレスマジック

おそらく圧倒的1番人気になるでしょうが、外しづらい馬です。オークスは6着でしたが、その他のレースはアルテミスSのL1最速戦を除き、すべてL2最速戦。これで馬券圏内を外していないのですからL2最速戦を想定するここでは外せませんでした。ただし、そのほとんどが高速戦で、低速戦での経験が少ないところが重箱の隅をつつくようですが不安点になります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする