2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2017オールカマー過去レース分析

秋の古馬中距離戦線の幕開けとなるオールカマーの過去レース分析ページです。

今年はG1馬の出走がなく小粒な印象を受けるメンバーですが、ステファノスやルージュバックなど悲願のG1制覇に向けて秋の好スタートを切りたい馬たちが揃いました。

先週月曜日の中山の馬場が異常に軽い馬場だったので、これがどのようにレースに影響するかを読むのが大切になりそうです。

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、オールカマーのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
07 L3 高速 超失速
08 L3 高速 失速
09 L2 高速 持続
10 L3 低速 持続
11 L2 高速 失速
12 L2 低速 失速
13 L2 低速 持続
14 新潟開催のため省略
15 L3 高速 持続
16 L2 高速 失速

(12年は重馬場)

最速地点はL2とL3が五分で、やや高速よりのレースが多めです。失速度合も持続と失速が五分で、傾向だけでは流れが絞りづらいレースです。

過去の予想結果

本命馬 結果
15 ショウナンパンドラ 3番人気1着
16 ゴールドアクター 1番人気1着

2年連続で本命馬が勝ってはいますが、人気どころを買わざるを得ないレースが続いたため、今年は小粒なメンバーなので面白い穴馬がいるようなら狙ってみたいです。

オールカマーのポイント

ポイントは中山の馬場状態でしょう。

近2年はオールカマーの週くらいから徐々に軽くなり始めましたが、今年は開幕週から時計も速く、台風が去った直後で真夏のように晴れた月曜日開催が超高速馬場でした。

ここまで全体的に軽い馬場になっているといえますが、今週もその傾向が続くのか。土曜日に雨予報が出ているのも馬場読みを難しくさせています。

土曜に雨が降って日曜に乾くようなら、先週月曜日のような極軽馬場になる可能性があります。月曜日の芝は最終レースを除き(L2最速戦)、L1最速戦ばかりでした。ここまでの経過を総合すると、軽く仕掛けどころが遅くなる馬場を想定しておくべきなのでしょう。

展開はグランアルマダがスローで逃げるのが確定的で、マイネルミラノがいつ動いていくかがポイント。本来のマイネルミラノであれば早めスパートが形なので、L3最速戦になりそうですが、夏競馬の内容が案外でどこまで動いていけるか微妙なところです。

仕掛けどころが後ろにずれていること、馬場が軽いことを鑑みてL2高速持続戦を中心に予想を組み立てていこうかな、と考えています。

明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする