重賞回顧・競馬の考え方はこちらの新ブログへどうぞ!

2017神戸新聞杯過去レース分析

菊花賞の最重要ステップレース、神戸新聞杯の過去レース分析ページです。

今年はなんといってもダービー馬レイデオロの参戦が注目となります。菊花賞には向かわず天皇賞へ向かうようなので、菊花賞路線はもちろんのこと、天皇賞路線においても見逃せないレースとなりそうです。

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、神戸新聞杯のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
07 L3 高速 超失速
08 L3 高速 超失速
09 L3 高速 持続
10 L2 超高速 超失速
11 L2 超高速 超失速
12 L4 低速 失速
13 L2 超高速 超失速
14 L3 高速 超失速
15 L3 高速 失速
16 L2 高速 持続

パターンは2つで、1つはL3最速戦で直線入り口からトップスピードを求められて、ラスト苦しくなるパターン。もう1つはスローで仕掛けどころが遅れた結果、L2が超高速となってラスト失速戦となるパターンです。

超失速戦になることが多く、持続戦はレコード決着となった09年と、11.6-11.5-11.4-11.7と珍しく仕掛けどころが分散された16年の2回。

基本は高いトップスピードと、ラスト失速する苦しい流れに耐えられる馬を狙いたいです。

過去の予想結果

本命馬 結果
15 タガノエスプレッソ 13番人気8着
16 サトノダイヤモンド 1番人気1着

15年は春のクラシック組で1頭だけ異常に人気がなかったタガノエスプレッソを買うも撃沈。

16年はサトノダイヤモンドの本命は仕方なし。対抗ミッキーロケット3番手レッドエルディストで3連複を本線で的中させました。

神戸新聞杯のポイント

阪神は例年通りの馬場といっても差し支えありません。

アダムバローズとマイスタイルの先行争いでしょうが、マイスタイルは逃げずに競馬もできますし、スローに落としたいタイプなので無理に競り合うことはないでしょう。

展開がすんなり決まりそうで、レイデオロをはじめとする有力馬は溜めていくタイプが多いです。仕掛けどころが遅くなりそうで、L2超高速戦となるのではないかと考えています。

もし、L3最速戦になったとしても、そこで一気にギアが上がっての高速戦でしょうし、ラストは失速する流れになるはずです。

トップスピードが高く、失速戦に強い馬が現時点での狙い目です。

明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする