2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2017アルテミスS過去レース分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

2歳牝馬路線最初の限定戦重賞となる、アルテミスSの過去レース分析ページです。

今年で6回目の開催となるアルテミスSですが、アユサン・レッツゴードンキの桜花賞馬2頭が出走しており(ともに2着)、その他にもメジャーエンブレムやリスグラシューなど、阪神JFや春のクラシックにもつながる注目のレースです。

以下、過去5年の上がり傾向、私の過去予想、アルテミスSのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去5年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
12 L3 低速 超持続
13 L2 高速 持続
14 L2 高速 持続
15 L2 高速 持続
16 L1 高速 超持続

(14は稍重)

注目は失速度合。失速レースがなく、最速地点とL1のラップ差が0.2秒以下の超持続戦も2回。

12年のみレースが流れての低速持続戦ですが、それ以外の4年は仕掛けが遅くL2地点で高速上がりを繰り出しながら、ラストまで失速しないレースになっています。

ラップを細かく見てもL2地点で一気に加速するというよりは、L4地点から段階的に加速していってL1までスピードが落ちきらないレースです。ギアチェンジ力よりもトップスピードに乗せた時の速度の高さと持続力を重視するのがよいでしょう。

過去の予想結果

本命馬 結果
15 デンコウアンジュ 12番人気1着
16 コーラルプリンセス 15番人気8着

デンコウアンジュは2015年No.1の会心の当たりでした!デンコウアンジュは、未勝利勝ちがスローからラスト12.8-11.9-11.6-11.3というレース。段階的な加速をゴールまで続けていた点を評価して本命にしましたが、メジャーエンブレムまで飲み込んでくれて単複をゲット!

16年は2匹目のドジョウ狙いで大穴コーラルプリンセスを本命にしましたが、あえなく撃沈。この馬は超失速戦勝ちだったので、結果的に適正ずれがあったのでしょう。

アルテミスSのポイント

馬場次第ではありますが、基本はL2高速持続戦に絞った予想をしていいと考えています。

もちろん狙いは勝ち上がったレースで高速持続戦を経験した馬となります。何頭か候補はいるのですが、その中での順位付けをしっかりと行っていきたいと思います。

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする