2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2017/10/28京都11RスワンS【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
15 L2 高速 超持続
16 L3 高速 失速

スワンS過去レース分析ページはこちら

JRA発表の馬場状態は金曜正午時点で稍重。さらに全体的に芝が傷んでいるとのことです。

気象庁発表の最新の天気予報では朝から雨が降るそうで、先週の開催で傷んだ芝が回復するようなことはないようです。

そうなると過去10年で高速以上が9回あるスワンSですが、最高速度が低速~超低速になる可能性は高いです。トップスピードが問われない上で、失速戦となるとかなりタフなレースとなりそうです。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

◎12フミノムーン
◯01ビップライブリー
▲18カラクレナイ
☆05ティーハーフ
△02レッツゴードンキ
△15ダノンメジャー
△16ムーンクレスト

単勝12 (12%)
単勝1 (12%)
複勝12 (52%)
3連複12-1,5,18-1,2,5,15,16,18 (2%×12)

◎12フミノムーン

消耗戦を想定すると、不良馬場のマーガレットSで1着、重馬場(発表は重ですが、発表以上にひどい馬場)の京阪杯で唯一追い込んで3着に入ったフミノムーンが狙い目です。

1400は2年前のスワンS以来ですが、3歳時は1400で実績があった馬で、L4超低速戦のなずな賞とL4低速失速戦のマーガレットSを勝っています。

今年に入ってから2桁着順が2回ありますが、いずれも京都1200で前半3ハロンが後半3ハロンより遅いペースのもの。L2高速持続戦となってしまい、前が止まらないレースでした。

フルゲートで馬場が悪くなるので、超スローになるようなことはないですし、ラスト苦しくなるところで伸びてくるこの馬の良さが最大限発揮される舞台設定です。

◯01ビップライブリー

これは10戦連続馬券圏内中で、9戦連続で1400を使っています。

1400での内容はコース不問で、最速地点・最高速度・失速度合もバラバラ。1400なら幅広いレースに対応できています。

馬場が悪化している中の最内枠が気になりますが、案外売れなさそうなので重めの印を打ちました。

▲18カラクレナイ

ローズSで惨敗し短距離路線にかじを切ってきました。全3勝を1400であげており、万両賞ではL4低速超失速戦という、今回想定される流れに近いレースで勝っています。

桜花賞でも4着に突っ込んできていますが、これもL3低速超失速戦。タフなレースに強い馬です。これからも条件は限られそうですが、自分の力が出せる馬場状態なら面白い馬になりそうです。重馬場実績自体はないので、馬場が悪化しすぎるとどうかですが楽しみの方が大きいです。

☆05ティーハーフ

これは大穴で。フミノムーンの項でとりあげた極悪馬場の京阪杯では惨敗してしまいましたが、元来重めの馬場は得意な馬。

1200での重賞勝ちがありますが、近走の競馬を見る限りでは1400の方が追走が楽になる分良さが出ています。

どうせ馬場が悪く一筋縄では決まらないレースになりそうなので、ど人気薄も狙い目に入れたいと考えていたので、本命馬以上に人気がなさそうで適性がありそうな馬を探したところこれに行きつきました。

△勢は重馬場得意のダノンメジャー・ムーンクレストに純粋な力上位のレッツゴードンキ。

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする