2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

セントウルS過去レース分析

サマースプリントシリーズ最終戦にして、スプリンターズSの最重要ステップレースであるセントウルSの過去レース分析です!
今年は有力視されていたビッグアーサーの回避により、サマースプリントシリーズ最終戦としての性質が色濃くなりましたね。
ほとんどの馬にサマースプリントシリーズ優勝の可能性が残されているようで激戦必至です!

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、セントウルSのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

最速地点 最高速度 失速度合
07  L4 超高速  超失速 
08  L4 超高速  超失速 
09  L4 超高速  失速 
10  L2 超高速  超失速 
11  L2 高速  超失速 
12  L4 超高速  超失速 
13  L4 超高速  超失速 
14  L4 超高速  超失速 
15  L2 超高速  失速 
16  L4 超高速  超失速 

(重要な年度に色をつけています)

過去の予想結果

本命馬 結果
15 ミッキーラブソング  7番人気7着
16 ビッグアーサー  1番人気1着

16年はビッグアーサーを本命にしましたが、相手がいなくて外れ。
自分の中ではイマイチかみ合わない重賞です・・・

セントウルSのポイント

15年と16年のどちらかのパターンになるレースなので、両年のラップを振り返ります。

15年:11.9-10.8-11.3-11.1-10.9-11.8
16年:12.3-10.2-10.6-10.8-11.2-12.5

15年のように一旦緩んでL2再加速となるか、16年のようにテンの勢いのまま直線までなだれ込み、坂で急激な減速を強いられるかの2つのパターンが考えられます。
過去10年で多いのは16年のような、なだれこみパターンです。
ただ、どちらにしても過去2年の勝ち馬は逃げ馬
それどころか、過去10年で3着以内に入った30頭のうち4コーナーで全体の半分より後ろにいたのは4頭だけ。
(10年2着グリーンバーディー、10年3着メリッサ、14年3着エピセアローム、15年2着ウリウリ)
阪神でも中山と同様にエアレーション作業は行われていますが、こちらは明確に開幕週は先行有利
先行して直線にある急坂の失速に耐えられる、という資質が勝つための絶対条件になります。

明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. […] 詳細はセントウルS過去分析を参照ください。 […]