重賞回顧・競馬の考え方はこちらの新ブログへどうぞ!

2017チャレンジカップ過去レース?分析

最強競馬ブログランキングに参加しています!

12月開催の阪神重賞1発目はチャレンジカップです。

12年から12月開催になりましたが、今年から距離が外回り1800から内回り2000に条件変更となりました。ようやく12月開催がなじんだところで、この条件変更。金鯱賞が3月に移動したために、有馬記念の最終ステップとしての意味を持たせるための変更なんでしょうが、こうコロコロ条件を変えられると対応しきれませんよね・・・。レース名は変わらないのが、よりややこしさを生んでいると思います。

変わってしまったものは仕方がないので、過去レース分析ページでは近3年の古馬オープン以上の阪神2000で行われたレースを取り上げ、コースの特徴を確認していくことにします。

レース傾向とは違う話ですが、佐賀のスーパーマックスが挑戦してくるみたいですね!大井に転厩した2戦と事故があって競走中止となった高知優駿を除けば、佐賀で10戦10勝の期待の星です。夏に小倉日経オープンを使いましたが、それなりに芝でも走れたので、この条件では厳しいかもしれませんが応援したいですね!

それでは、過去3年の上がり傾向、私の過去予想、チャレンジカップのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
15大阪杯 L2 超低速 失速
15鳴尾記念 L2 低速 失速
15マーメイドS L2 高速 失速
16大阪杯 L2 超高速 持続
16鳴尾記念 L2 高速 失速
16マーメイドS L3 低速 失速
17大阪杯 L2 低速 持続
17鳴尾記念 L2 高速 失速
17マーメイドS L3 高速 超失速

(15大阪杯は不良)

15大阪杯はかなりの道悪で、重馬場適性が何よりも重要なレースだったので割愛。

残りのレースを見ると、マーメイドSではL3最速戦が2回ありますが、他はL2最速戦。L2最速戦のレースもL3地点から徐々に早くなる傾向があります。特に前半1000mが61秒を超えるスローペース(16大阪杯・17鳴尾記念)になると、L2地点での切れがかなり重要になってきます。

なにかがマクリ気味に早めに進出を始めるようなレースだとL3最速になりますが、基本はL2最速の失速戦とみていいでしょう。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
15 マイネルミラノ 6番人気8着
16 ヒルノマテーラ 8番人気10着

・・・この結果を見ると、内回りに変わったのは私的にはありがたいかも。

チャレンジカップのポイント

1800で開催されていたときは、L1での落ち込みがかなり大きいレースでした。これは、早めに仕掛ける馬がいたというのもありますが、年末の時計のかかる馬場が影響したという側面もあります。

今年のメンバーではプリメラアスールが逃げて、マイネルミラノが早めに動くという展開になる可能性がかなり高そう。実際、この2頭の前走福島記念ではそういった展開になっています。マイネルミラノが動くレースはL3~L4から早くなるレースが多いので、阪神2000の特徴も合わせると、L4から11.5前後のラップになりL2地点で11.3くらいの加速があって、ラストは超失速に近いレースになるのではないでしょうか。

動き出しのポイントが合うかも大事ですが、L1でのスピードの落ち込みに対応できるかが一番重要になりそうです。超失速戦の実績を重視してみようかと思っています。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. 馬太郎 より:

    お早うございます。
    佐渡さんのラップ予想でそのレースごとで最後にこれが頭だという決めてはなんですか?
    上がりとかですか?

    • yoshirosado より:

      馬太郎さん

      コメントありがとうございます。

      本命を打つ決め手は2つです。
      1つはそのレースで想定されるものと同じ上がり3要素で好走しているかという馬の適性面に関するもの。
      もう1つはオッズです。

      エリザベス女王杯も適性面ならモズカッチャンの方が高いと考えていましたが、オッズを見てクロコスミアに本命を打っています。
      予想を当てるだけなら適性面だけをみればいいですが、競馬で勝とうとなるとオッズを勘案して期待値が高い方を重視します。
      (あまり期待値という言い方は競馬には適していないとは思いますが・・・)

      1着は完璧にハマったらあるかもくらいの馬を◎にすることが多いので、じつは1着にはあまりこだわってなかったりします。
      人気で完璧な適性があるとき(みやこS◎テイエムジンソク)か、
      適性が合う馬が多くて絞り切れないときに外れのリスクをとって1点に集中させるとき(京阪杯◎ヒルノデイバロー、外れましたが・・・)くらいしか頭にはこだわっていません、実は。

  2. 馬太郎 より:

    こんな質問まで丁寧でありがたいです。
    レースで想定されるものと同じ上がり3要素で好走しているか
    というとこでレースで想定されるものとはハイペースとかですか?
    あと3要素とは?
    適正は自分もそう思うのでわかります❗

    • yoshirosado より:

      馬太郎さん

      上がり3要素は、レース分析等のページにある表の右3つ
      最速地点・最高速度・失速度合
      この3つのことです。

      この3つの組み合わせによって各馬の適性を見極めているというのが、私の予想方法の根幹になります。
      この3つを分析すれば、前半を全く見ないでもある程度全体のペースを把握することができると考えています。

      この辺の予想方法についての記述が追いついておらず、申し訳ありません・・・。
      現在予想方法についてどのようにまとめようか思案中です。
      来週は香港の分析もしたいので、なんとか今週中にフレームワークだけでも作ろうと思っておりますので、しばしお待ちくださいm(_ _)m

  3. 馬太郎 より:

    こんばんは
    いつも佐渡さんがいいアドバイスをくれるので地方ですが大井の11レースをとることが出来ました❗
    自分には佐渡さんのアドバイスがすごくやくにたちます。
    また、質問あったらお願いします⤵

    • yoshirosado より:

      馬太郎さん

      勝島王冠的中されたんですか!?おめでとうございます!
      役に立ったといっていただき、本当に嬉しいです!

      これからも頑張って更新していきますので、よろしくお願いします!