2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2017府中牝馬ステークス過去レース分析

エリザベス女王杯の前哨戦・府中牝馬Sの過去レース分析ページです。

前走ドバイで輝いたヴィブロスをはじめ、昨年の覇者にしてその後エリザベス女王杯も制したクイーンズリング、春の女王アドマイヤリードのG1馬3頭が揃い、例年以上に豪華なメンバーで行われる注目のレースです!

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、府中牝馬Sのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
07 L3 高速 失速
08 L2 高速 持続
09 L3 高速 失速
10 L2 超高速 超失速
11 L3 高速 持続
12 L2 高速 持続
13 L2 超高速 失速
14 L3 高速 持続
15 L3 低速 持続
16 L2 高速 持続

(11,15は稍重)

先週の毎日王冠と同距離で行われる府中牝馬S。

毎日王冠では過去10年中9年がL3最速戦でしたが、府中牝馬SはL2とL3が5回ずつで五分五分。牝馬限定戦の分だけ、多少仕掛けどころが遅くなる印象です。

ただし、L2戦の5回もすべてL3から高速上がりになっており、やはり直線をフルに使った攻防が予想されます。

過去の予想結果

本命馬 結果
15 イリュミナンス 10番人気16着
16 アスカビレン 7番人気4着

傾向自体は以前から変わらないので掴んではいるつもりですが、結果が出ていません・・・。

少し狙いすぎな印象もありますが、府中牝馬はアタマ荒れしやすいレースなので、条件に合う馬がいるならこれからも強気に狙っていきたいです。

府中牝馬Sのポイント

直線まではスローで進み、府中の500m超の直線をトップスピードで駆け抜ける必要があるレースです。高いトップスピードとそれを持続させる力の2つが必要です。

瞬間的な脚を使えるタイプよりは、ロングスパートタイプ、L2~L3高速持続戦に適性がある馬を探していきたいです。

明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする