2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2017菊花賞過去レース分析

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

更新が遅くなってしまいました・・・。すでにこの記事を執筆時点で木曜日。枠順も確定しましたね。

私は持病がありまして、これからもたまに更新頻度がガクッと下がる場合があることをご了承ください。なるべく月・火で過去レース分析記事は書き上げたいとは思っています。

さて、3歳牡馬クラシック3冠目・菊花賞の過去レース分析をしていきます。

「強い馬が勝つ」とされる菊花賞ですが、今年はダービーの1~3着馬に皐月賞の2着馬が不在と早くも不穏な空気が漂っています。

さらに、天気も心配で、秋雨前線が本州に居座っているうえに季節外れの大型台風が週末にも日本に近づくとか・・・。過酷な3000m戦ですが、馬場の悪化でさらなる消耗戦の様相を呈していますね。

それでは以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、菊花賞のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
07 L3 低速 超失速
08 L3 低速 超持続
09 L3 高速 失速
10 L3 低速 超持続
11 L3 低速 持続
12 L2 低速 失速
13 L2 低速 持続
14 L2 低速 超持続
15 L3 低速 超持続
16 L2 低速 超持続

(13は不良)

近年は仕掛けどころが遅めになっています。07から5年続けてL3最速戦でしたが、ここ5年は4度L2最速戦。ただ、L2戦でも急加速戦にはなっておらずL4地点からじわじわと加速していっての結果。持続力勝負になるのは間違いありません。

また、3000mを走っていることもあり最高速度は低速ばかり。今年は雨の影響が大きそうで、高速上がりになることはないでしょう。

失速度合については超持続が3年続いています。これは脚質的なものもあり、勝った馬は中団から4コーナーで進出を開始し、先行馬を飲み込んでゴールまでなだれ込んでいます。

逃げ馬が作ったペースはL2~L3地点で終わっており、そこからは脚を残した差し馬の時計となっているため、結果的にラップを見ると超持続戦になっているという塩梅です。

少なくとも勝つためには、L4すべてを11秒後半で走り続ける必要があるとも言えます。

過去の予想結果

本命馬 結果
15 ベルーフ 7番人気6着
16 ジュンヴァルカン 8番人気10着

少し狙いすぎですね・・・。ベルーフなんかは、中距離戦で持久力勝負に持ち込みたい馬ですが、距離が伸びた分イマイチ伸びきれなかった印象です。

菊花賞のポイント

今年の場合は天候と馬場状態が鍵になるでしょう。

おそらく先週の馬場よりも悪化するでしょうから、かなりタフなレースになりそうです。

トップスピードの高さが全くあてにならないでしょうから、波乱の目も十分にありえます。

とにかく最高速度よりも持続力重視で予想していきたいと思います。L3低速失速~超失速戦くらいの消耗戦(L1が13秒かかるくらいのイメージ)が現時点での想定です。

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする