重賞回顧・競馬の考え方はこちらの新ブログへどうぞ!

2017毎日王冠過去レース分析

秋の古馬G1戦線の東の前哨戦となる毎日王冠の過去レース分析ページです。

今年はG1馬5頭が出走予定で、前哨戦というにはもったいない豪華メンバーでの1戦です。どの馬も秋の天皇賞をにらんだレースですが、間隔もあまり開かないのでここから全力投球となるでしょう。馬券はもちろんですが、純粋に楽しんで観たいレースですね!

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、毎日王冠のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
07 L3 高速 持続
08 L3 超高速 超失速
09 L3 超高速 失速
10 L3 高速 失速
11 L3 超高速 失速
12 L3 低速 失速
13 L2 超高速 持続
14 L3 高速 失速
15 L3 高速 失速
16 L3 高速 持続

(10,16は稍重)

13年エイシンフラッシュが勝ったレース以外はすべてL3最速戦です。この時もラスト4ハロンのラップが12.6-11.1-10.9-11.3とL3地点で急加速しているように、早くなるポイントはL3で間違いありません。

唯一最高速度が低速の12年はシルポートが離して逃げてのもので、後続は鋭い脚を使っています。

レースの流れがかなりはっきりしているレースなので、うまく合致する馬がいればラップ予想的には勝負しやすいレースとなりそうです。

過去の予想結果

本命馬 結果
15 クラレント 9番人気8着
16 ヒストリカル 11番人気3着

15年クラレントは先行できなかったのが痛すぎました。

16年ヒストリカルは雨の影響も考慮しての穴狙いでしたが、まんまとはまりました。ブービー人気での激走で複勝が10倍以上つきました。

毎日王冠のポイント

前半のペースはバラつきがあるレースなのですが、最速地点がL3になるのはほぼ間違いありません。特に今年は確たる逃げ馬がいないので、スロー濃厚。先行勢も余力たっぷりで直線を迎えられるので、4コーナーから直線の入り口からでの急加速から長い直線を走りきるレースになる可能性が極めて高いと思われます。

あまりに緩みすぎると13年のようなL2超高速戦もないことはないですが、基本はL3超高速失速戦を頭に置いて各馬の分析を行っていきたいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする