2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2017/11/11東京11R武蔵野S【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
15 L2 高速 失速
16 L2 高速 失速

武蔵野Sの過去レース分析ページはこちら

府中は朝方にほんの少し雨が降る予報が出ていますが、影響は限定的でしょう。

出走メンバーを見渡すとどれが逃げるか読みづらいです。外枠を引いたインカンテーション・ブラゾンドゥリスかアキトクレッセントが逃げる気がしていますが、どれが逃げようとペースはあまり上がらなさそう。

となると、L2でのトップスピ―ドの高さは必須になりそうです。また、ラストの落ち込みも近2年より少なさそうで、持続戦になる可能性もありそうです。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

◎09サンライズソア
◯06サンライズノヴァ

単勝9 (20%)
複勝9 (60%)
馬連6-9 (4%)
ワイド6-9 (16%)

◎09サンライズソア

実績馬の状態に不安があるので、東京マイルに実績のある3歳サンライズ2騎で勝負。

ソアの方は青竜Sで勝ってユニコーンSは3着。青竜SはL2高速持続戦で、ユニコーンSはL1高速戦。ユニコーンSの場合は、46.4-49.5とオーバーペースになって前2頭が大失速。後方追走から余裕のあったノヴァがラスト突き抜けたためL1最速になりました。

ソアは外目を先行しましたが、前の目標がなく難しいレースに。特殊なレースだったので、着差ほどの差はないと考えます。

青竜Sはバランスのいい流れの中で一脚を使えています。JDDもL2最速戦で好走しましたし、前半先行したうえで一脚使う流れならノヴァにも対抗できると思います。近2走はともにL4最速のロングスパート戦。ここでもある程度対応できましたし、これなら得意条件に戻って強敵相手でも。

◯06サンライズノヴァ

こちらはユニコーンS、前走のグリーンチャンネルカップがともにラスト先行馬の脚が鈍ったところを差し込む競馬。どちらも35秒前後の上がりを使えており、トップスピードの質はかなりのものがあります。伏竜S、鳳雛S、JDDと時計のかかる馬場では今一つで、東京がベスト。来年のフェブラリーSのためにもここは気合いが入っているでしょうし、こちらもチャンスあり。

ソアの方を上位にとったのは脚質的な面とオッズだけで、こと東京マイルに限れば力差はないです。

古馬勢に関してはまとめて。

気になるのはピオネロ。距離短縮で前半が鍵になりますが、スローになりそうなのはプラス。シリウスS2着がL2高速失速戦で、今回と同じ芝スタート。先行できれば穴をあける可能性あり。

東京マイル実績組ではノンコノユメ→カフジテイク→モーニンの順でチャンスありかと。

ノンコノユメはとにかく状態が良くなってさえいれば。

カフジテイクは最近ポジションを前目にシフトさせていますが、前半無理しない方が伸びるので微妙。ただ、今回はペースが遅そうなのはこの馬にはいい方に働きそう。

モーニンは最近はパワー型に徐々に変貌を遂げています。軽いレースももちろんこなせますが、今なら地方の馬場がいいかも。

もう1頭大穴候補をあげるなら、単騎逃げがかなった際のアキトクレッセント。L2高速実績もあります。

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする