2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

セントライト記念過去レース分析

菊花賞トライアル・セントライト記念の過去分析ページです!

登録メンバーを見渡すとかなり手薄な印象ですが、皐月賞馬アルアインが出走予定なのは大きいですね!今回からルメール騎手に乗り替わりで、菊花賞へ向けてどんなレースができるのか注目です。

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、セントライト記念のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
07 L3 低速 超持続
08 L3 低速 持続
09 L3 低速 持続
10 L4 低速 超失速
11 L1 低速 超持続
12 L2 高速 持続
13 L4 低速 持続
14 新潟開催のため省略
15 L2 低速 超持続
16 L2 低速 失速

(09年は稍重)

11年はロイヤルクレストが大逃げを打ったため、L1のペースが差し馬のペースとなっているためL1最速戦ですが、それを除くと比較的ロングスパート戦といえます。

ここ2年はL2最速戦ですが、先週も散々書いた通りエアレーション等で馬場が変化したことが一因です。今年は開幕週の競馬を見ると、時計だけなら13年以前の馬場に近い印象です。

過去の予想結果

本命馬 結果
15 ブライトエンブレム 2番人気10着
16 マウントロブソン 4番人気7着

2年とも人気で凡走した馬を選んでいますね・・・。13年以前のロングスパートの持続戦を意識した予想をしていたのですが、馬場の変化に対応できていませんでした。

セントライト記念のポイント

まずは馬場をどうみるかが大切です。

先週の競馬は、いわゆる開幕週らしい時計が速く前が止まりづらい競馬が多かったです。L1最速戦が多かったので、開催替わりで仕掛けどころがずれていたため前が残ったという要素もありそうですが。

以前の馬場に近いようなら、L3,L4最速の持続戦のようなイメージが中山2200らしい競馬。スタート後3ハロンは上りが続くので見た目よりペースはきつく、そこから3コーナーまでは下りが続きます。勝負どころとなりそうなラスト600mあたりからは平坦で、直線に構える急坂に向けてそこから勢いをつけていく感じのレースになると思われます。

過去9年で8回最高速度が低速だったように、トップスピードは必要とされず、11秒台後半の脚を3,4ハロン持続できる馬が狙い目となりそうです。

明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする