重賞回顧・競馬の考え方はこちらの新ブログへどうぞ!

2017東京スポーツ杯2歳S過去レース分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

土曜東京メインは2歳重賞屈指の出世レース・東京スポーツ杯2歳Sです!

ここ10年の勝ち馬の中から6頭もG1馬が生まれている、まさに出世レース。コディーノ・スマートオーディンといったG1馬ではないもののクラシック上位人気馬も勝っていますし、昨年の勝ち馬ブレスジャーニーもこの後長期休養に入ってしまいましたが、中距離路線ではまだまだ見限れない存在です。

今年も超がつく注目馬の出走が予定されていますし、来年以降にもつながることが約束されたレースになりそうです。

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、東京スポーツ杯2歳Sのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
07 L2 高速 失速
08 L1 高速 超持続
09 L2 高速 失速
10 L2 低速 持続
11 L2 低速 失速
12 L2 超高速 持続
13 L2 高速 持続
14 L2 高速 失速
15 L2 超高速 持続
16 L2 高速 失速

(11は不良、16は稍重)

府中1800は古馬重賞になると直線をいっぱいに使ったL3最速戦が目立つのですが、この時期の2歳戦ともなると仕掛けはどうしても遅くなります。

10年と13年は例外的に途中でペースが緩むことなく、ラスト3ハロンのトップスピード持続力が問われましたが、他のレースは道中で13秒台が刻まれるなど、前半のスピードは全く必要ないレースになっています。

仕掛けどころもかなり遅く、L3地点でまだ12秒台のラップを刻む場合もあり、L2地点での瞬発力が非常に重要なレースです。

ここ2年は2歳重賞の増加に伴うメンバーの分散化もあり、出走頭数が少なくなっています。

そのため、より顕著にスローペースからの切れ味勝負という側面が強調されています。

15年などは、13.4-11.5-10.9-11.3という極端なスローからの超高速レースになっていますし、これからも頭数が落ち着くことになれば同様のケースが増えると考えられます。

過去の予想結果

本命馬 結果
15 マイネルラフレシア 6番人気3着
16 ブレスジャーニー 2番人気1着

レース傾向はわかりやすく、私の本命も2年連続馬券圏内に入っています。

予想自体は簡単な部類に入るレースですが、馬券の組み立てが難しく、毎年そこに悩まされます。今年もそうなりそうですね・・・。

東京スポーツ杯2歳Sのポイント

デビュー前から超A級との評価があった、ワグネリアンとルーカスの2頭の出走が早くから想定されていたため、登録段階ですでに9頭しかエントリーしていません。

アイビーSを勝ったコスモイグナーツの逃げが予想されますが、前半はゆっくり入る馬なので今年も超スローペースが濃厚。

ワグネリアンとルーカスはともに超スローの経験しかありませんが、東スポ杯においてはあまり不安要素になりません。この2頭を切るのはなかなか難しそうで、そうなると馬券の買い方が非常に重要となりそうです。

レースとしては非常に楽しみですが、配当面を考えると馬券を買う気はあまり起こらないレースですね・・・。

なんとか週中で色々考えて、答えをひねりだしたいと思います。

明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする