2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/01/07厳選1鞍【中山10RポルックスS・自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年2回目の厳選1鞍の狙い目は、中山10Rポルックスステークス

中山ダート1800mで行われる別定戦のオープン特別競走です。

本来は土曜でも逃げ天国だった京都芝のレースを狙おうと思っていたのですが、上手く絞れるレースがなく、中山に目を向けたところこのレースが気になりました。

土曜の中山ダート1800の結果で気になるポイントがあったので、そこを攻めてみようという趣旨になります。気になるポイントについては以下で。

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L4 高速 超失速
17 L4 低速 超失速

中山ダートコースはご覧の通りL4超失速戦がデフォルトとなります。

向正面の下りから速くなり、コーナーで減速しながら直線へ。ラストはJRA屈指の重い砂質と名物の急坂でスピードが一気に落ちます。

かなりタフなコースなので、逃げ馬が後続の末脚を削ぎ落して粘り切るか、前がバテバテになりズブズブの追込決着になるかの両極端の結果が比較的起こりやすい条件ですね。

過去2年のポルックスステークスも16年はサンマルデュークの最後方ドカン、17年はドリームキラリがまんまと逃げ切りと派手な決着ばかりです(15年もイッシンドウタイの追い込みが決まりました)。

土曜(2018/01/06)の競馬を見て気になったのは、追込脚質がやたらと届いていたこと。

超絶スローペースになった8レースは別として、2レース・6レース・9レースはすべて追込馬が勝っています。

特に気になったのが準オープン戦だった9レースの招福ステークス。勝ったサクラルコールは500万・1000万と東京の1400~1600で勝っている馬で、どちらもかなり速い上がりを使っての差し切り勝利をあげてきていた馬。

中山のタフなダートだと、持ち味のトップスピードが活きづらいはずですが、今日(土曜)は人気薄で見事な差し切りを決めました。

原因として考えられるのは、中山ダートが全体的に速い時計の決着が多かったこと。

凍結防止剤の影響等で重くなりがちな冬の中山ダートですが、今日は1200・1800どちらもクラス平均以上の速い時計での決着ばかりでした。

ということは、いつもより軽い馬場で中山ダートの競走が行われているということ。

このため、今日(土曜)の中山1800は東京ダート1600で速い上がりを使っていた馬の好走が目立ちました。

2レースの1着トーセンゼロス・3着ブルベアクワイや6レース3着ミックベンハー、9レース1着サクラルコール・3着ヴァローアは近1年の間に東京マイルで上がり3位以内の脚を使っていました。

普段はつながらない東京1600と中山1800ですが、今の中山の馬場に限っては東京の速い上がり経験が活きるとみて、ポルックスステークスでも中山実績がありつつ、東京で速い上がりを使っている差し馬を狙ってみます。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)
◯16センチュリオン
▲08ダガノヴェリテ

単勝◎ (10%)
複勝◎ (40%)
馬連◎-16 (7%)
馬連8-◎,16 (3%×2)
ワイド◎-16 (13%)
ワイド8-◎,16 (10%×2)
3連複◎-8-16 (3%)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)

鋭い上がりを東京で使えるタイプかつ中山実績もある馬ということで、◎にした馬とセンチュリオンの2択になりました。

◎馬は若いころは左回り専門のような成績でしたが、古馬になって右回りでも安定して結果が出せるようになってきました。

昨年2勝はどちらも東京1600で、上がり1位と2位の末脚で差し切りました。この辺は今の馬場傾向にぴったりです。

また、中山の重賞でも3着に来ていますし中山実績も十分にあります。

内枠からどのように捌いてくるかというところに一抹の不安を感じますが、人気も適度ですし狙ってみたいと思います。

◯16センチュリオン

こちらは中山専門のような戦績を歩んできた馬ですが、オープンクラスに上がってからは東京でも好成績を残せるようになってきました。

前走ラジオ日本賞は軽い不良馬場の中、上がり2位の末脚を繰り出して勝利。中山では安定していますが、軽い馬場の方がより結果が出ています。

また、17オアシスステークスでは上がり3位の末脚で初の東京マイルにも対応。

充実度も高く馬場適性もピッタリなので、1番人気の可能性も高いですが切れません。

▲08タガノヴェリテ

もう1頭上がりの速さと東京実績を鑑みると、タガノヴェリテが浮上。

東京実績は少し前ですが、16西湖特別で上がり最速で3着。関西馬なので2回しか東京で走っていませんが、3着・5着とそこそこ。

1000万・1600万の連勝の内容が、速い馬場の中で高速上がりを繰り出しています。

中山は初めてですが、今の馬場状態ならば即通用もありそうで、人気もあまりしないでしょう。穴で狙ってみたいです。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする