2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/01/20中京11R中京スポニチ賞予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L4 低速 失速
17 L4 低速 超失速

(16は稍重)

(最高速度:12.0~12.4は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.5~0.9は失速、1.0~は超失速)

想定上がり:L4低速失速~超失速

中京ダート1900は1800とスタートの直線の長さが100m違うだけですが、スタート地点が中京直線の上り坂部分にあたるので、スタートダッシュに負荷がかかります。

中京ダートは比較的差しも届きやすい部類のコースですが、1900は1800に比べて届きやすいコース形態といえます。

(先行争いがあっさり落ち着くと前々で決まってしまうこともあります・・・。中京は前々かズブズブか極端なレースになる傾向が、芝ダートともに強いです)

1900ともなると良馬場で高速上がりが繰り出されることはなく、スタート直後とスパート地点の2回上りがある分、終いは失速します。

基本はL4低速失速戦でいいでしょう。

展開は非常に読みづらいです。何せ先行馬が少なすぎます。

藤田菜七子騎手に手が戻ったコパノビジンが内から逃げるのでしょうか。競りかけるとしても、8枠2頭くらいで序盤は早い段階でかなり遅くなる可能性も。

普段は後方からの競馬をしている馬が多いのですが、マクリ屋もチラホラいるので、展開が緩んだらどれかが向正面から動くというシーンが見られそう。

中盤からペースが速くなり、坂を上りきったところで失速というレースを想定します。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます、金曜24時更新予定)
△01アガスティア
△12タイマツリ

単勝◎ (33%)
馬連◎-1,12 (5%×2)
馬連1-12 (1%)
ワイド◎-1,12 (25%×2)
ワイド1-12 (5%)
3連複◎-1-12 (1%)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます、金曜24時更新予定)

早めからレースが動いてラスト失速、という流れで複数回好走している馬がいたので狙います。

前走と3走前が該当するレース。前走は11.7-12.1-12.9-13.2-12.6と5ハロンのロングスパート戦になって、これを後方から差し込んで3着。

3走前は11.9-12.2-12.5-12.9-12.8と、同じく5ハロン勝負を向正面から動いていって、後続をぶっちぎりました。

ロングスパート戦は望むところといった感じで、この条件はピッタリの可能性が高いです。

アタマでは買いづらいタイプの脚質ですが、はまった時は快勝するタイプでもあるので単勝を厚めに買います。

△01アガスティア

これは中京1900でL4超低速超失速戦を勝っており、1000万での3着も3ハロン~5ハロンのロングスパート戦でのもの。

前走で本命馬に大きく差をつけられているので相手候補までにしましたが、これもはまれば面白い1頭。

△12タイマツリ

こちらは先行馬ですが、3走前のTVQ杯2着が12.0-12.5-12.7-13.0とL4低速超失速戦。この時もハンデ戦で斤量53キロでの激走でした。

57キロのハンデだと中団がいっぱいといった感じですが、森祐太朗騎手の減量が利いた平場1000万とハンデ戦では2着に入っています。

今回も据え置き53キロで出走できるのは大きく、先行馬の中ではロングスパート戦に強いタイプはこの馬だけなので、相手で狙います。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする