2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/01/27東京11R白富士S予想【自信度D】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速 持続
17 L2 高速 持続

(16は稍重)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続)

想定上がり:L3高速失速

近2年は前半超スローからの直線の軽い上がり勝負となっています。

しかし、これより遡ると持続戦調の競馬も多いので、今年のメンバーから全体の流れと上がりの使い方を考える必要があります。

厄介なのはテオドールの存在です。以前はそうでもなかった気がするのですが、夏の北海道で1000m通過57.4というハイペースでガンガン逃げてから折り合いに難が出てきました。

前走も3着以下を大きく引き離す快勝劇ではありましたが、58.7-48.4とかなりのハイペースで大逃げする形となり、終いは11.7-11.9-11.9-12.9とばったり止まる中前半のリードで押し切ったレース。

おそらく序盤は折り合いをつけにいって、無理だと思ったタイミングで自分のペースで動き出す競馬になりそうですが、折り合いが果たしてつくのか。

内に入ったらなんとか抑えにかかると思っていましたが、外枠を引いたので途中から一気にとばして逃げる可能性も浮上してきました。

他の先行勢はサージュ・ハニーのマイネル勢。これはゲートがまともなら、サージュが先に行きハニーがそれを目標にする競馬になるでしょう。

プラチナムバレット・リアファル辺りはこれを見つつの先行になりそうなので、テオドールが折り合えばマイネルペースになるでしょう。

マイネルハニーはギリギリまで溜めるよりは、長い直線の入り口から全速力に乗せたいタイプ。東京や阪神外回りコースでは、L3最速戦になるようなスパートを毎回かけています。

テオドールの出方はわかりませんが、もしこれが行ったとしても他馬は相手にせずに一人旅でどこまで、という競馬になるはずです。よって、馬群の流れはマイネル軍団が作るスローからのL3高速失速戦になるでしょう。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)
◯04マイネルハニー
▲09テオドール

単勝◎ (20%)
馬連BOX◎,4,9 (20%×3)
3連複◎-4-9 (20%)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

状態面がどうなのか、かなりわからないところがありますが、L3高速失速戦ならば是非とも買いたい馬がいます。

もう2年以上前のことになってしまいますが、重賞勝ちのレース内容が秀逸な内容。

この時は自ら逃げる形でしたが、スローからラスト12.0-11.0-11.4-11.7とL3地点での瞬発力の高さと、L3で仕掛けても止まりきらない高速での持続力の高さが際立ったレース。戦ったメンバーを考えれば、G1級の評価をしてもよいレースです。

さすがにまだ様子を見ながらレースを使っていくことになるのでしょうが、今回条件はかなり好転します。人気もおそらく5番人気でしょうから、単勝にも妙味がありそうです。

◯04マイネルハニー

実質はこの馬がペースを作ると考えている以上、買わないわけにはいきません。

重賞勝ちのチャレンジカップが11.6-11.3-11.8-13.0、昨年3着のエプソムカップが11.7-10.8-11.6-12.1とラストに極端な失速をしながらも、早めの仕掛けで粘って上位に食い込むというのが形になっています。

前走はウインフルブルームの2番手から11.7-11.9-11.5-12.2の流れを抜け出しての勝利。速い時計が出るようだと難しいところがあるので、今の冬の馬場のうちに好成績をあげておきたいでしょう。

▲09テオドール

暴走するかもしれませんが、折り合った場合に買える要素はあります。

4走前の1000万条件三木特別がポイントのレースで、57.5キロのトップハンデを背負いながら、11.5-11.0-11.0-12.1というL3高速超失速戦を中団から差し切りました。

このほかにも好走レースは基本失速戦なので、マイネルハニーが早めに動いてくれてL1地点でスピードが落ち込む流れになるのはプラス。

前走のような競馬になっても、展開のアヤで残ってしまう可能性もありますので、相手には買っておきたい馬です。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする