重賞回顧・競馬の考え方はこちらの新ブログへどうぞ!

2018/02/12小倉11R門司ステークス予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L4 高速 持続
17 L4 低速 失速

(16,17は重)

(最高速度:11.5~11.9は高速、12.0~12.4は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

想定上がり:L4低速失速

 小倉ダート1700は前半が速く、向正面のL4地点が最速となり、コーナーを抜けてラストの直線は減速戦となります。一番の原因は小倉のアップダウンにあります。

 小倉は平坦のイメージが強いですが、実はかなりアップダウンが激しいコース。特に1コーナーの200m弱で2m以上の上りがあり、前半の位置取り争いが落ち着ききる前に坂でスタミナを削られます。

 そこからジワジワと下っていって、コーナー前のL4地点が最速に。3コーナーは下りで4コーナーからゴールまで緩い上りとなります。早めにスピードが上がり、カーブでも下りがあるので減速幅が抑えられる分、終いはパッタリと止まるレースも多いです。

 今回の門司Sの展開ですが、徹底先行型が多いです。何がなんでもハナは譲れないアースコネクターに、元短距離馬でテンは滅法速いミキノグランプリが主導権争いの主役ですが、カルムパシオン・テルペリオン・サンライズウィズ・アスターゴールドと、前走逃げた馬が他に4頭も。

 ほかにも先行馬が何頭かいるので、前半から激流になる可能性が高いです。

 前半から速くL4地点が最速となると、ラスト200はかなり落ち込むはずで、ここを差し込める馬が狙い目となります。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)
穴16クールオープニング

単勝◎ (50%)
複勝◎
複勝16
馬連◎-16 (10%)
ワイド◎-16 (40%)

(前日オッズがないため、配分はオッズを見てから考えます)
2018/02/13PM0時、買い目更新しました

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

 1700のL4低速失速戦に良績のある差し馬となるとこの馬しかいないでしょう。

 2走前に1000万を勝ち上がった際が、ダート1700でL4低速失速戦。前半は後方でやりすごし、向正面から脚を使って直線では鋭く抜け出しました。

 前走は中団からそれなりの脚は使ったものの、中盤からの助走が足りずに伸びきれなかった感じ。前半からかなり速くなりそうな今回は面白いでしょう。

穴16クールオープニング

 速く流れること前提の穴はこの馬。5走前に小倉1700で11.9-12.2-12.7-13.1というL4高速超失速戦を後方から差し込んで3着。この時は最低人気での激走でした。

 その後は1800→2100→1400→1400とバラバラの条件を使われて成績も振るいませんが、久しぶりの1700で終いが止まりそうな適条件。

 この馬は1000万勝ちもL1が13秒台まで落ち込む失速戦で勝っていますし、ハイペースでL1が落ち込めば一発穴をあける条件はそろっています。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする