重賞回顧・競馬の考え方はこちらの新ブログへどうぞ!

2018/02/12東京11Rクイーンカップ予想【自信度S】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

クイーンカップの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L3 高速 失速
17 L2 高速 持続

(ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

想定上がり:L3高速失速

 どれが逃げるか全く読めないメンバー構成ですね。フィフニティテトラドラクマツヅミモンモデレイト辺りが候補ですが、川田騎手・田辺騎手・デムーロ騎手・武豊騎手とペース判断に優れた騎手が多いですので、どれも引き上げきるレースはしないでしょう。他にも先行馬は多いので、先団はごった返しになりそうですが乱ペースにはならなさそうですね。

 日曜の府中は明らかに内伸び馬場。共同通信杯も内を狙った馬が上位に入りましたし、初音Sや最終レースも内から馬群を捌いた馬が上位に。リーディング上位騎手や馬場に敏感な騎手は内を狙うでしょうから、序盤のごちゃごちゃしそうな展開も込みで考えると不利を受ける馬も多そうです。

 また、雨の影響が全くなく、かなり回復して高速上がりが連発していました。馬場が軽く先団の内が有利となると、直線の動き出しも速くなりそうな雰囲気があります。

 4コーナーまではゆっくりと流れ、上がり3ハロンは11秒台前半→11秒台前半→12秒前後というラップになりそうです。直線の入りからペースが一気に上がり、ラスト200までは高速で駆け抜け、最後はさすがに苦しくなるという展開を想定します。

 内で出し抜ける馬が一番でしょうが、そうでなければラストで落ち込んだところで脚を伸ばせる持続力のある馬が狙い目です。

スポンサーリンク




予想【自信度S】

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

単勝◎ (20%)
複勝◎ (80%)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

 ここは自信のぶっこみ勝負です!鞍上に少し不安がありますが・・・。

 私の中ではこの世代の牝馬でトップレベルの評価をしている馬です。なんといっても新馬戦の内容が秀逸。新馬戦ですので49.5-46.8の超スローでしたが、12.7-11.8-11.2-11.1と最後まで加速するラップを中団外目から差し切りました。この馬自身のL1でのラップは確実に10秒台。トップスピードに乗せ切ってからの持続力は素晴らしいものがあります。

 前走は中山でゲート後に不利を受けたり、大外を回す形になって届き切りませんでしたが、坂を上ってからも加速していたように長い直線向き。

 ギアチェンジには難がありそうですが、東京の長い直線で外からスピードを乗せ切れば最後まで伸び続けられると思います。ペースは落ち着きそうですが、動き出しが早めになりそうなので、ラストの落ち込みに乗じて鋭い脚を使ってくれると期待します。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする