2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/02/24小倉11R皿倉山特別予想【自信度D】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 先週から1週間ほど更新を休ませていただいておりました・・・。前もって予告できればよかったのですが、急に更新を止めてしまい申し訳ありませんでした。

 今年最初のG1週に色々と記事を書けず残念です。Twitterでは予想を直前に載せましたが、残念ながら外れ・・・。ノンコノユメの評価は高かっただけに攻めすぎました。

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 超低速 持続
17 L4 超低速 持続

(16は稍重)

(最高速度:12.0~は超低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続)

想定上がり:L2低速持続

 小倉2600は500万条件の施行が中心となっており、2016年,17年と1000万条件は皿倉山特別のみが行われています。

 500万条件を合わせてみても、2016年からこの条件は失速度合が持続戦ばかり。先週火曜日の500万(勝ち馬は本レースにも出走するマコトガラハッド)で数年ぶりに失速戦となりました。

 1周半戦で淡々とスローで進み、小倉らしく向正面の下りからジワジワとスピードが乗るので、瞬間の反応よりも12秒前後を5ハロン近く使い続ける能力を試されるコースとなっています。

 メンバー構成はかなり低調ですね・・・。12頭中前走1桁人気だったのが3頭だけ。2歳時からの評判馬グローブシアターと、500万勝ち直後のテーオーフォルテの2頭に人気が集中しそうです。

 展開的にはコスモバーダンがハナを切りそうですが、前走大マクリで2着に入ったアドマイヤメテオの動きがレースを大きく左右しそう。アドマイヤが動かなければ4コーナーまで淡々と流れそうですが、前走同様のマクリを打つと向正面から速くなる可能性も残されています。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

◎05テーオーフォルテ
特注[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)
△09アドマイヤメテオ
△10ミトノグラス ×01マコトガラハッド
×04グローブシアター
×06タイセイアプローズ
×11ミルトプレスト
×12ジャッキー

3連複5-特注,9,10-特注,1,4,6,9,10,11,12(18点)
3連複5-特注,9,10-特注,4,9,10(6点)
3連単5→特注,9,10→特注,1,4,6,9,10,11,12(21点)

スポンサーリンク

 

 

◎05テーオーフォルテ

 昇級戦になりますが軽いメンバーですし、軸としては最適でしょう。

 前走は京都2400でしたが、前半4ハロン目から1000m13秒台が続く緩んだ流れ。そこからラスト4ハロン12.0-11.8-12.2-11.8と低速がゴールまで続くレースでした。これを中団前目から進め余裕を持った3馬身差の勝利。

 全3連対が持続戦で切れ味よりも持久力に長けたタイプで、同じ適性をもつライバルがここは少ないです。大崩れはないとみますし、アタマのチャンスも十二分にあります。

特注[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)

 穴馬から1頭面白い馬を選ぶとするならこれ、という馬を特注馬にしました。

 小倉1800~2000で良績がある馬ですが、どちらもL5地点が11秒台でゴールまで12秒前後のラップが続く持続戦。緩急には弱いタイプで一瞬の反応はない馬ですが、早めからレースが動けば面白いところはあるのでは・・・。

△09アドマイヤメテオ、10ミトノグラス

 アドマイヤメテオは前走スローペースを嫌った大マクリで好走しましたが、今回距離が伸びることで行きたがるところが出るかもしれません。ただ、自分から動く競馬をBプランとして考えることができるのはいいこと。2走前・3走前は凡走していますが、メンバーが強力だったのでこのメンバーなら。距離は微妙ですが。

 ミトノグラスは昇級戦ですが、前走が好内容。12.2-12.1-11.9-12.3とトップスピードは問われませんでしたが、持続力を活かして先行押し切り。時計も良く後方待機勢が3~5着に突っ込んでこれる流れを押し切ったのですから、フロックではありません。

 こちらも距離が課題にはなりそうですが、1000万にしてはかなりメンバーレベルが低いので何とかなる力はあります。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする