2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/03/05阪神11R大阪城ステークス予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速 超失速
17 L2 超高速 失速

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

想定上がり:L2高速失速

 阪神外回り1800は、向正面の長い直線と半径の大きい3~4コーナー、500m弱のホームストレッチで構成されているコース。

 先行馬がペースを作ると一貫した厳しいペースになりますが、ペースが緩むと直線までジッとして、L2地点での強烈な加速力を必要とされます。

 展開は・・・読めませんね(苦笑)。バンドワゴントラストが逃げ候補なのは間違いないですが、バンドワゴンはゲートが全く安定しませんし、トラストはテンのスピードがあまりないですし休み明け。フェイマスエンドやアメリカズカップの不意打ちもありそうで、なかなか読みづらいところです。

 どちらにしろそこまでペースは上がらないとみて、L2地点での瞬発力最後の坂の失速を耐えられる馬を狙ってみます。

 また、阪神はかなりの高速馬場ですので、軽い馬場に対応できる馬を優先したいですね。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)
◯07ハクサンルドルフ
▲05プラチナムバレット
△02トリコロールブルー
△03グァンチャーレ
△04バンドワゴン

3連単◎→5,7→2,3,4,5,7 (8点)
3連単5,7→◎→5,7 (2点)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)

 なんかこの馬を伏せて予想を公開するのも恥ずかしいですが・・・。

 トップスピードの高さがある馬が、この馬とハクサンルドルフくらいしかおらず、どちらも全幅の信頼を置くタイプではありません。

 前走も脚自体はもの凄い時計でしたが、ポジションを取ることができず大敗。今回は乗りなれた鞍上に戻るので巻き返せるのではないか、という考えで本命にしたのですが1番人気ですか・・・(記事作成土曜21:30現在)。

◯07ハクサンルドルフ

 これも鋭い脚は持っていますが、溜めきってこそですし届くかどうかは相手依存の馬。

 こちらは本命馬よりもL3最速戦の方が成績は安定します。長い直線に入る前からフルスロットルに入れておかないと脚を余しがちです。

 今回のメンバーでは決め手だけなら図抜けていますが、取りこぼす可能性は大いにあります。

▲05プラチナムバレット

 こちらは前走が案外でしたが、今回のメンバーでは決め手は上位。

 4着に敗れた2回が失速戦で、残りはすべて馬券圏内には来ているのですが新馬以外は持続・超持続戦。瞬発力よりも長くいい脚を使う、という言葉がぴったりの馬です。

 あまりにもキレタイプが少ないので、レースが流れた時にも対応できるという意味で評価をあげましたが、スローになってしまうと反応負けしそうです。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする