2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/03/24中京11R名古屋城ステークス予想【自信度D】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L2 高速 失速

(良馬場)

(最高速度:11.5~11.9は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速)

想定上がり:L4高速失速

 昨年の名古屋城ステークスは前半1000m通過が63.3のスローペースで、人気薄スズカリバーがまんまと逃げきりました。

 今年はカルムパシオンディープオーパスノーブルサターンタガノグルナと逃げてこそのタイプが多数出走。前走逃げることのできなかったカルムパシオンが、乗り替わりで強引に内からハナを取りに行く可能性があります。最序盤はかなり速くなるのではないでしょうか。

 1,2コーナーは上り坂で緩みやすく、前がどれだけ飛ばすかはわかりませんが馬群はゆったりとレースを進めそう。向正面からは下り坂で、前が離す展開からも早めに動き出しが始まりそうです。

 中京のダートコースはかなり時計がかかる状態でしたが、土曜時点では雨が残っていそうなので、L4高速失速戦、早めにスピードの出る勝負になると想定します。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)
◯01バイタルフォース
△02レッドオルバース
△06ウインユニファイド
△13メイプルレインボー
△15スマートボムシェル

単勝◎
馬連◎-1,2,6,13,15 (5点)
3連複1頭軸◎-1,2,6,13,15 (10点)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)

 前走も狙ったのですが、連続で軸に据えます。

 その前走は後方からレースを進めたものの、追走でいっぱいいっぱいとなってしまい伸びが全くありませんでした。

 前走狙った根拠となったのが、3走前の1000万勝ち。1,2コーナーで一旦13秒台まで緩んでから、12.0-12.6-12.3-12.7とL4失速戦かつL2再加速戦を鋭い脚で差し切りました。

 前走は小倉で追走スピードを求められた中で失速してしまいましたが、中京コースに変わり追走はいくぶん楽になりそうです。終いの総合力、スピードの高さと持続力をともに問われるレースでの好走実績があり、縦長競馬から早めの動き出し、直線での再加速が必要となる今回の条件はピッタリ。

 前走の大敗で人気を落としそうなので、今度こその好走を期待します。

◯01バイタルフォース

 ダートでは長期休養明けの1戦を除いて全連対。6歳馬ですが底は全く見せていません。

 前走は中山2400で道中は前半1000m通過が65.5の超スロー。さすがに動き出しは早くなり、11.7-12.0-12.5-13.5とL4高速超失速戦でした。

 終いでばったり止まるレースでのバテ差し向きなのが気がかり。馬場が軽く、逃げ馬はともかく中団勢の脚はそう簡単には止まらない中で、届ききらずの2,3着になりそうな予感。連軸としては買いやすいですが、アタマではないと思います。

△02,06,13,15

 人気を集めるレッドオルバースはダートで大崩れはありませんが、1800で前半から速くなった時に不安があります。中京ダート1800での勝ち鞍はありますが、スローのL2失速戦。直線でのギアチェンジで勝ったレースで、中盤からロングスパートになった時に対応できるでしょうか。

 ウインユニファイドメイプルレインボースマートボムシェルは前崩れの際の3着候補。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする