2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/04/29東京11Rスイートピーステークス予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速 失速
17 L2 高速 持続

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

想定上がり:L3低速超持続

 逃げるのはサヤカチャンで確定。今回は厩舎所属の新人、西村淳也騎手が鞍上です。おそらく難しいことは考えずに逃げろ、という指示が出るでしょうから、単騎で思いっきりとばしていく可能性もあります。

 2番手以降はランドネミュージアムヒルと続く形が濃厚ですが、戸崎騎手が実質的に馬群のペースをコントロールするので、サヤカチャン以外はスローでの追走になるでしょう。

 スイートピーステークスは牝馬限定戦のトライアルレースらしく、仕掛けどころが遅いL2高速戦が多いです。坂を上ってからの反応勝負になる可能性が極めて高いです。

 想定上がりはL3低速超持続戦としましたが、これは見た目上のラップ。サヤカチャンが直線半ばまでは先頭でしょうから、L3地点が数字上は一番速くなると思いますが、実質はL2高速戦になるでしょう。

 直線での瞬発力と、トップスピードの高さが重要な1戦です。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)
◯03ミュージアムヒル
▲07ゴージャスランチ

馬連BOX◎,3,7
3連複 ◎-3-7

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)

 前走は人気を裏切る形になりましたが、スローペースのここで巻き返しを期待します。

 新馬戦が、ドスローから12.6-11.4-11.5-11.3という直線だけの競馬で、逃げて惜しい2着。3着以降は大きく離しています。そして2戦目が、これまたスローから12.1-11.7-11.1-11.6と直線の瞬発力で快勝。スローの競馬では、ポジション差と反応の鋭さを活かして崩れていません。

 一方、前走は58.9-61.6とハイペース。早々にガス欠してしまいました。

 今回は少頭数で、しかも実質スローになりそうなので、持ち味である軽いスピード勝負の競馬になりそうです。直線までゆったりと入れれば、好勝負必至です。

◯03ミュージアムヒル

 6戦2勝2着4回と、勝ち味に遅いながらも大崩れがありません。

 前走フローラルウォーク賞は、同じく詰めの甘いアドマイヤアルバ相手に完勝。少し時計がかかる馬場で、48.5-47.1のスローバランス。1頭だけ違う上がりの脚を使っての快勝でした。

 スローペースの競馬でも問題なく、超スローだった赤松賞でスロー得意のマウレアと僅差の競馬。サフラン賞ではレッドレグナントの2着と、桜花賞出走馬とも僅差の競馬をしています。

 総合力に優れていますが、武器と呼べるだけの個性に乏しいので何かに負けることが多いですが、ここでは力量自体が一枚上です。まともなら馬券圏内は堅そうです。

▲07ゴージャスランチ

 忘れな草賞では、出遅れて最後方からの競馬となりますが、ハイペースに巻き込まれなかったことが功を奏したか、L1地点で猛烈に伸びて際どい3着まで持ち込みました。

 ただ、未勝利戦を13.0-11.9-11.3-11.4と仕掛けの遅いトップスピード戦で制しているように、本質的には軽いスピード勝負の方が安定して力が出せそうです。この未勝利戦は、2着がパイオニアバイオですので、レベル的にもまずまず。

 出遅れが怖いですが、まともに出れば先行できる素軽さも持ち合わせているので、ゲートが普通ならアタマ候補の1頭でしょう。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする