2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/06/09阪神11R安芸ステークス予想【自信度D】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L4 低速(12.1) 失速(0.6)
17 L2 高速(11.7) 失速(0.7)

(16は良、17は稍重)

(最高速度:11.5~11.9は高速、12.0~12.4は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速)

想定上がり:L2高速失速

 阪神の馬場は金曜夜の時点で芝・稍重、ダート・重の発表になっています。朝には雨が止むようですが、レースまでに乾ききることはなさそうです。稍重~重で行われることになりそうで、パサパサの馬場よりは時計が出やすくなるのではないでしょうか。

 少頭数のダート短距離戦で、先行馬が非常に少ないです。このメンバーであれば、ヴェンジェンスが自然とハナに立つ形になるでしょう。チェイスダウンタイセイエクレールがこれに続き、スタートを決めればファッショニスタもこれに続く形になりそうです。

 ペースが上がる可能性は低く、ダート戦にしては前半と後半のラップが少ない上がり勝負になりそうです。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯07ヤマニンアンプリメ
▲05ファッショニスタ
△09タイセイエクレール

3連単◎→5,7→5,7,9

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 前走は今回も対戦するアードラーに敗れましたが、34.7-11.8-37.8とハイペースに巻き込まれてしまいました。アードラーをはじめ差し・追込勢が上位を独占したレースでしたし、かなりパワーのいる馬場状態でしたので、今回は容易に逆転が可能です。

 500万・1000万と高速上がりが計測される馬場で勝っており、明日の雨が残る馬場も向いており、展開的にもだいぶ楽なメンバー。

 天候が不安定なので、あまり自信度は上げられないですが、アタマ固定で馬券を絞ることで回収率を引き上げようと思います。

◯07ヤマニンアンプリメ

 オープンクラスでも大崩れなく走れており、単純に力量は一番上。

 クラスが上がるごとに後炉から競馬を進めるようになっていますが、500万・1000万・1600万と自分自身は前後半イーブンで走っています。

 今回はペースがあまり上がらなさそうで、ある程度の位置をとっても一番走りやすいペースで追走ができそうです。前半でポジションを強くとる意識が低い分、前を捕えきれないシーンが出てきそうですが、一番軸としての安定感はありそうです。

▲05ファッショニスタ

 速い上がり脚が使えますし、前走までは一度も崩れていない馬。前走はクラスが上がったことよりもスタートミスが響きましたが、乗りなれた川田騎手に乗り替わって改善される可能性はあります。

 それでも、スタートの不安がありますし、負けるときは必ず前の馬を捕らえられない形。前が楽になるだろうという読みですので、ヤマニンアンプリメ同様差し損ねるのではないかと考えます。

△09タイセイエクレール

 1600万に上がってから3着4回と詰めが甘いですが、ポジション取りも上がりの瞬発力や持続力も確かに中途半端な印象です。

 デムーロ騎手が乗るということで、このメンバーの中でも人気を集めそうですが、今回もそこそこまでは走れるけれど・・・という評価です。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする