2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/06/23函館11R大沼ステークス予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L4 超高速(11.4) 失速(0.9)
17 L1 低速(12.3) 超持続(0)

(16は不良、17は良)

(最高速度:~11.4は超高速、12.0~12.4は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.6~0.9は失速)

想定上がり:L3低速失速

 過去ラップは、16年は不良馬場でのもの、17年はテイエムジンソクがぶっちぎってのものなので参考程度に。

 今回のメンバーなら、逃げるのはヨシオリーゼントロックが外から続くことはまでは読めますが、内の馬の動きは不明。オープン昇級後先行できていないブレスアロット、短距離からの転戦組のゴーインググレートマッチレスヒーローがどのような手を打つかはわかりません。

 ヨシオがしっかりと行き切ってしまえば、ペースも落ち着くでしょうし、淡々とした流れからコーナー最速になるでしょう。ただし、若干ですがペースから紛れる可能性があります。あまり決め打ちしすぎないように、それでもコーナーで動ける脚があり、直線では失速戦になりやすい函館コースですので、落ち込んだところでも脚を使える馬を狙います。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ

単勝◎

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 昇級初戦のヨシオやストロングバローズが人気の中心になる低調なメンバー。それならこの馬でいいでしょう、といった感じの本命です。

 前走は、東京としてはだいぶ時計のかかる馬場でのレース。平均ペースで流れ、途中から動いた馬もいたので上がり自体はかかりましたが、12.8-12.6-12.3-12.8と直線で加速する余地があったうえに終いも落ちきっていません。内から突っ込んできましたが、ラストで先行馬との差を詰められませんでした。

 3走前が驚きの好走でしたが、中盤で緩んで12.3-12.1-12.5-12.9とL3低速失速戦。前に比較的有利な流れの中、勝ち馬と一緒に猛然と追い込んできました。ラストは少し止まってくれた方が脚質的にもベターです。

 芝を走っていた時から小回り適性があり、ダートの2戦でもコーナーで器用に立ち回れていました。函館コースへの相性も良く、このメンバーならばラストの脚は一枚上。前残りが心配ですが、コーナーから仕掛けていければ十分アタマまで届くでしょう。

その他の馬

 相手を何頭か選んで連複系の馬券を買おうと思いましたが、これがなかなか絞れません。ヨシオは展開的に恵まれそう、ストロングバローズは重いダート巧者なので相手から外せません。また、タガノエスプレッソは昨年の函館ダートオープンシリーズで好走歴がありますし、リーゼントロックも時計のかかる右回りがベスト。

 こんな感じで相手が絞り切れず、しかもすべて人気上位なので、バラバラ流すよりは単勝1点の方がリターンに期待できます。そのため、馬券は単勝のみとしました。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする