2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/06/23阪神11R垂水ステークス予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L3 高速(11.1) 超失速(1.3)
17 L3 超高速(10.8) 超失速(1.1)

(16は稍重、17は良)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が1.0~は超失速)

想定上がり:L3超高速超失速

 今年で3年連続1桁頭数で行われるレースです。近2年はともにL3地点で急激にスピードが上がり、L2も速くL1で大きく失速するレースになっています。阪神外回りでスローになると、4コーナーからスピードがグンと上がり、かなりのスピードで400m走る分だけL1では失速するレースが起こりがちです。

 今年もブラックスビーチが逃げ、レッドアンシェルがそれに続く形でスロー~超スローが濃厚。阪神は雨もほとんど降らないようなので、先週同様の高速馬場での競馬となるでしょう。それなら、近2年同様L3超高速超失速戦を想定します。

 ちなみに、近2年はともに逃げ切り(16年マイネグレヴィル、17年シルバーステート)となっています。適性面でのフォローは必要ですが、基本的には前有利でしょう。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯07レッドアンシェル
▲04キョウヘイ

3連単◎→7→4

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 展開面はもちろん、前走の競馬で適性面もフォローされているのでアタマ期待の本命です。

 前走は初めて逃げる形になりましたが、48.1-12.4-45.2と超スローに持ち込んで、上がりも11.9-10.8-10.9-11.6L3超高速超失速戦。今回のレースの予行演習をしたかのようなレースで楽勝しています。

 3歳時のオープン勝ちもスローからの高速上がり勝負でしたし、軽い上がりを求められるレースがピッタリです。前半が速かったり、タフな馬場だったりすると脆いのですが、今回はどちらの心配もほとんどありません。

 4歳牡馬2頭は強力ですが、展開の利と適性でリードしています。十分アタマが考えられる馬です。

◯07レッドアンシェル

 1800は初めてとなりますが、マイルでの好走レースの内容からも外回り1800なら全く問題はありません。リゲルステークスが、サトノアーサーを寄せ付けない強い内容でしたが、47.0-46.2とややスローの流れの中、12.1-11.1-11.1-11.9とL3高速失速戦。中盤緩んでから、直線入口での加速戦に楽々対応してみせました。

 本命馬が意外と強敵だと思うので2番手評価にしましたが、この条件なら大崩れは考えづらいです。

▲04キョウヘイ

 想定する展開では届ききらないと思いますが、それでもこの評価より下には落とせません。前述のリゲルステークスは、レッドアンシェルには完敗でしたが最速上がりで4着。サトノアーサー・ディバインコード辺りと差のない競馬ができています。

 どうしてもシンザン記念の印象が強いですが、重馬場でなくても末脚は安定的に使えています。良馬場だと前が失速しきらないので届きませんが、今回想定する流れならL1はスピードが落ちます。そこで前を1頭ずつ拾っていけば、上位には届くのではないでしょうか。実際、ポートアイランドステークスが11.7-11.0-11.5-12.0L3高速超失速戦で、2着とは僅差の3着。

 今回は少頭数で、追込み馬の宿命であるコーナーロスも小さくなりますし、前2頭は強いですが他の馬は差し切れると予想します。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする