2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/07/07中京10R濃尾特別予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
15 L2 低速(12.1) 失速(0.6)
16 L4 低速(12.2) 超失速(1.0)

(17はダート1900で施行、15は重馬場)

(最高速度:12.0~12.4は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

想定上がり:L2高速失速

 中京は雨がかなりの量降っているので、芝コースの状態が全く読めません。そのため、砂が雨で浮いている状態になっているダートコースを狙います。

 前日の段階で不良馬場となり、これからもしばらく雨が降り続ける模様。かなり水分を含んだダートコースとなることは間違いありません。そうなると、やはり軽い上がりが出せる先行馬が圧倒的に有利になります。

 組み合わせ的にもハイペースにはなりそうもないので、素直に先行できて軽い上がりに対応できる馬を狙います。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯09トキノパイレーツ
▲12エンパイアブルー

馬連BOX◎,9,12
ワイドBOX◎,9,12

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 単純に重馬場でこのクラスを突破している馬を狙うのですが、案外人気がないなぁという印象です。

 その前走は、49.6-12.2-48.7と前半をコントロールして進め、11.8-12.1-12.2-12.6と早めにスピードを引き上げて辛くも押し切りました。2着馬とは大接戦でしたが、後続を引き離しているようにまずまずの内容です。

 中京ダートコースは、向正面が下っているので早めからスピードが上がりやすい条件です。不良馬場が確定的な状況でもあり、早めに動いていって止まらなかった前走の再現ができれば、ここでも普通に好勝負です。ゲート後の一歩目が不安定な馬だけに、この枠も挽回が利きやすい良い枠です。

◯09トキノパイレーツ

 前走のユニコーンステークスは完敗でしたが、重馬場の中しぶとく伸びていました。47.1-47.9と平均ペースでしたが、12.3-11.9-11.5-12.2と最速地点でかなりの鋭さを求められた分だけ苦しかったようです。

 それでも、1秒差以内のレースができましたし、重馬場にハッキリめどがついたのも事実。芝スタートのダート戦の出走経験しかありませんが、ダート部分で行き脚がついているのでダートスタートでポジション取りの良化が見込めます。

 一度軽いダートを経験した上積みを重視しました。

▲12エンパイアブルー

 6歳牝馬ながらキャリアが8戦しかない馬です。休み休み使わざるを得ないのでしょうが、今回は適度な感覚での出走となります。

 この馬は未勝利戦が不良馬場で、阪神1800を1:50.8で走破しています。軽いダートには何ら問題はありません。

 前走は初めての東京で、伸びずバテずの5着。47.7-49.4と前半の追走スピードを強く求められるバランスだったのが響いたようです。

 今回も不良馬場で全体時計は速いでしょうが、コーナー4つ戦なので緩急のついた流れになりそうなので巻き返しに期待できます。こちらもある程度前につけられるのもプラス。

その他の馬

 1番人気のビッグアイランドは、タフな条件での好走が目立ちます。先行力があり怖いところですが、今回買う3頭の方が適性面で上とみました。良馬場であれば確実にこのクラスは突破できそうですが。

 2番人気濃厚のアドマイヤダイオウですが、こればっかりはやってみないとわかりません。2年2か月ぶりの出走で初ダート戦と、常識的には厳しいですが。単勝系だけ売れているのかと思いきや、案外連系の馬券でも売れているのでここは消し。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする