2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/08/04小倉11R九州スポーツ杯予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L3 低速(11.6) 失速(0.7)
17 L2 超高速(10.9) 超失速(1.0)

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:~10.9は超高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

想定上がり:L2高速失速

 小倉1200は、前半からスピードに乗りやすい条件です。スタート地点から残り400mまでずっと下り、そこからは平坦。上りがないのでペースが上がりやすく、直線に坂もないので前が止まらない条件です。

 ただし、前が止まらないという意識は強いので、前半がオーバーペースになってしまう可能性があります。特にフルゲートになると、前がかりになりやすい条件でもあります。

 2週目の小倉ですが、土曜は超高速馬場。日曜は台風の影響で、終盤は非常に時計がかかる馬場と極端でした。日曜は50mm程度雨が降ったようですが、月曜からはずっと晴れています。超高速馬場に戻っている可能性があります。

 先週土曜の1000万条件で6秒台が出ているので(勝ち馬がぶっちぎりですが)、7秒台前半は堅いでしょう。少しでも前半で緩んだら、前残り濃厚です。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯10ウォーターラボ
▲08トンボイ
△07ロックオン

馬連◎-7,8,10
ワイド◎-7,8,10
3連複BOX◎,7,8,10

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 先行馬を狙いたいとなったときに、一番目についた馬を本命にしました。

 1000万に上がってからは苦戦が続いていますが、2走前はかなり時計がかかる馬場だったので参考外。そして、前走はオーバーペースとなってしまい、ギリギリで止まってしまいました。

 しかし、前走は1000万としてはかなり良質なメンバーでしたし、500万勝ちが33.7-34.7のハイペースを2番手から押し切り。11.3-11.2-12.2と最後は止まる流れでしたが、早めの流れを追走する能力に関しては問題ありません。

 決して逃げなければという馬ではないので、内の動きを見ながら2,3番手を確保できそう。前半から速い流れへの適性がある馬が少ないので、狙い目としては絶好です。

◯10ウォーターラボ

 ちょっと1000万では足りない感じもありますが、前後半のバランスを上手くとって走れる馬です。500万勝ちは33.6-34.7のハイペースを2列目からの競馬で抜け出しました。

 ロックオンとトンボイが前走のようにスタート直後でやりあうと、前半が速くなりすぎる可能性もあります。それをワンテンポおいた2列目から追走できれば、このメンバー構成ならチャンスです。

▲09トンボイ

 前走は人気を裏切りましたが、ゲートがイマイチで外からロックオンにかぶされたのが痛かったです。今回は内外の関係が逆転しているので、ロックオンが強引にいった場合には2番手からスムーズな追走が可能。

 3歳牝馬なので斤量面ではかなり有利ですし、500万では33.8-34.7のレースを2番手から押し切ったように、前半が速いレースにも耐性があります。前回の敗戦で人気が少し落ちるのもいい感じです。

△08ロックオン

 前走は行き切ったことで良さが出ました。33.8-34.6とややハイペースといったぐらいのペースでしたが、溜めた馬に有利なレースの中で粘り切ったのは評価できます。

 500万も逃げ切っていますし、ハナを取り切った方がいいでしょう。そういった意味では、自分より内にゴリゴリ先行する馬がいないのは好材料。楽に逃げられる展開になれば怖いです。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする