2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/08/11新潟11R新潟日報賞予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速(11.0) 持続(0.5)
17 L4 高速(11.2) 超失速(1.0)

(17は稍重)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、1.0~は超失速)

想定上がり:L2高速持続

 新潟1400mはつかみどころのないコースです。スローだとL2最速戦、ミドル~ハイだとL4最速戦になりやすく、L3のコーナーがきついことから11.2-11.6-11.4-12.2というような再加速戦もよく見られます。

 前半で前に行けた方が有利なので、追走スピードもある程度必要で、コーナーを抜けてからの加速力もソコソコ必要。終盤の失速に関しても、昨年は雨も少し影響があって止まっていますが、平坦で超失速戦にはなりにくくスピードの持続力もあるにこしたことはないです。

 こんな感じで総合力を問われやすいコースなので、明確な武器を問われるコースで善戦続きの馬が浮上する印象です。

 新潟日報賞に限った話だと、16年がスローながら1:20.0で17年は稍重ながら19秒台でレコード決着。今週は金曜にまとまった雨が降ったようですが、土曜の朝には止む予報なので大きな影響はなさそうです。そうなると今年も好時計での決着が期待できますね。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ

単勝◎

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 穴馬ではないのですが、新潟1400はいかにも合いそうな馬の1着狙いです。

 前走で1000万を突破しましたが、46.9-46.2のややスローで11.6-11.3-11.5-11.8という上がり内容。トップスピード持続戦ですが、質量ともにそれなりのものを問われたレースでした。これを先行して押し切ったことからも、極端な性能を問われるよりもバランスよい流れになった方がいいタイプです。

 左回りでは色々な流れで好走できており、大きく負けたのも中山マイルの大外枠だけ。しかも、このレースは流れがめちゃくちゃだったので参考外。

 夏は北海道に張り付きのイメージがある鞍上が、わざわざ土曜だけ新潟に乗りに来るというのも勝負気配を感じます(ラップ論とはかけ離れますが)。あとは、持ち時計がないので極端に速い馬場への適性があるかどうか。少しでも雨が残ってくれたら自信度アップです。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする