2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018関屋記念&エルムステークス予想

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク




エルムステークス

 雨が降って馬場が軽くなったのがポイントとなりそうです。

 ドリームキラリとブラゾンドゥリスにとっては、短距離もこなせるスピード型であることからも恵みの雨と言えるでしょう。

 ただ、土曜の札幌ダート1700はオーバーペースが多く、エルムステークスも上記2頭以外にもハイランドピークなど押していきたい馬は何頭かいます。

 そこで、速い時計をこなせる上でラスト止まる流れに対応できる馬を探したところアルタイルに行き着きました。

 若駒の時は、左回りのマイル近辺が合っているスピードタイプの印象でしたが、年を重ねるにつれ中山1800のようなタフな条件でも走れるようになってきました。

 現状では、適性の幅が広い万能タイプと評価しています。ただし、万能タイプの常として、突き抜けた適性がない分だけいつもソコソコ走れるけれど…という馬です。

 今回は人気がかなり落ちていること、ドリームキラリ以外の人気馬が軒並み適性が怪しいこと、前走アンタレスステークスは、進路が全く取れなかっただけでスムーズならもう少し走れていたこと、この3点から本命にしましたがこの手の馬を本命にするときは、金額は控えめです。

スポンサーリンク

 

 

関屋記念

 過去レース分析で特注馬に指名したチャンピオンルパンをそのまま本命にしました。

 新潟外回りコースへの相性の良さが抜群ですが、4走前の節分ステークスが11.8-11.0-11.6-12.3と速くなる部分こそ新潟外回りと違いますが、緩急が激しいレースで劇走。

 どこかでガツンと加速して、終いはバタバタになる流れで踏ん張るというのがチャンピオンルパンの好走パターンなのでしょう。また、節分ステークスは1着ロジクライ、2着ヒーズインラブとレベルも高いレースでした。

 今年の有力馬は、急加速からの失速よりも、長めからじわじわとスピードを乗せていって、最後まで高速上がりを出し続けるタイプの馬が多いので(プリモシーン、ワントゥワンなど)、適性の差で何とか食い下がれるのではないかということで本命にしました。

 ウインガニオン、ヤングマンパワーはどちらも関屋記念勝ち馬で、適性面は問題なし。かなり人気を落としていますが、近走は言い訳できるレースも多いです。この人気なら買っておきたいですね。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする