2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/08/25小倉11R釜山ステークス予想【自信度D】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
13 L4 低速(12.0) 失速(0.7)
14 L4 低速(12.2) 持続(0.3)
15 L4 高速(11.7) 失速(0.9)
16 L4 低速(12.3) 失速(0.8)
17 L4 高速(11.9) 超失速(1.2)

(13は不良、15・17は稍重、14・16は良)

(最高速度:11.5~11.9は高速、12.0~12.4は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

想定上がり:L4高速失速

 小倉の天気は非常に読みづらいですが、弱い雨が夜から降り続くようなので、ダートは稍重~重くらいの湿った馬場になりそうです。

 今回のメンバーは、夏の小倉ダート1700を1~2度使った馬が多くいます。オープンの阿蘇ステークス、1600万下の薩摩ステークス、1000万下の響灘特別の3レースですが、それぞれのラップは以下の通りです。

 阿蘇:6.9-11.6-12.1-12.3-11.9-11.9-12.0-12.2-12.2

 薩摩:7.1-11.7-12.1-12.8-12.0-11.7-11.8-12.0-12.4

 響灘:7.0-11.0-11.5-12.8-12.5-12.1-12.4-12.8-12.5

 一番クラスの低い響灘特別が、序盤で速い流れとなっています。ただし、クラスが上がるごとに中盤の緩みがなくなるとともに、終いの失速幅も小さくなっているのがわかります。

 今回の釜山ステークスと同じ準オープンの薩摩ステークスは、序盤が一番遅く、さらに4ハロン目も12.8とかなり遅いラップを刻んでいます。そこからはさすがにスピードが上がりましたが、序盤がかなり楽だったので前残りのレースとなりました(勝ったウェスタールンドは、角の違うレースをしました)。

 響灘特別でハイペースを作り出したセータコローナが軽ハンデで出走。さらに、薩摩ステークスで逃げたタガノディグオ、ティーポイズン・カフェブリッツ・メイショウバッハと先行馬は揃っています。

 緩いレースだった薩摩ステークスとは、レースの流れが全く違うものになりそうです。雨で終いの失速幅が小さくなる可能性はありますが、激流で終いのバテ合いになるというのが基本的な考え方です。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯03イーストオブザサン

馬連◎-3
ワイド◎-3

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 ここにきて準オープンでも通用するようになってきましたが、安定して賞金をくわえて買えるタイプの馬です。あまり本命にはしたくないタイプではあります。

 2走前が雨馬場で、3秒以上のハイペース。前半の追走スピードが問われるレースで、11.9-12.1-12.3-12.9と失速する中で最速上がりを繰り出しました。

 前走は内々を追走し、直線まで我慢するレース。さすがに脚を溜めすぎた感じでしたが、2着以下には際どく迫りました。

 湿った馬場巧者で、前半から速くなった方が持ち味が活きるので、前走以上の競馬を期待します。

◯03イーストオブザサン

 この馬も常に安定して馬券にはならない程度の上位に来る馬。馬券の軸に据えるタイプではないですが・・・。

 ほかに買いたい馬がいないという消極的な理由が一番ですが、このクラスで2着に入った17御陵ステークスが、不良馬場の中で4秒以上の超ハイペースとなり、12.3-12.8-13.0-13.1とバタバタの競馬を差してきました。

 終いに負荷がかかる競馬に耐性がある馬があまりにも少ないので、この馬でも上位に残る可能性があるとみました。結局4,5着な気もしますが・・・。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする