2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018青葉賞過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年4月28日の東京メインレースは、ダービーと同舞台のトライアルレース・G2青葉賞です!

 ダービーと全く同じ条件でのトライアルレースですが、ダービーとの関連性は薄いレース。牝馬クラシックは、1600の桜花賞から2400のオークスへと条件が激変するため、桜花賞をスキップした馬の好走もぼちぼちありますが、牡馬クラシックは2000→2400とどちらも中距離カテゴリーですから、王道組がやはり強いです。

 1984年にオープン特別として創設された青葉賞ですが、一度も勝ち馬がダービー馬になっていません。また、近10年で青葉賞をステップにダービーで馬券になったのは、17年アドミラブル(1着→3着)、14年マイネルフロスト(6着→3着)、13年アポロソニック(2着→3着)、12年フェノーメノ(1着→2着)、11年ウインバリアシオン(1着→2着)の5頭だけ。近年は多少マシになっているとも言えますが、同条件だけにもう少し活躍してもいいところ。

 今年は混迷を極める牡馬クラシック路線ですから、青葉賞組にも例年よりはチャンスがありそうです。オブセッションサトノソルタススーパーフェザーダノンマジェスティと、人気上位馬はすべてディープインパクト産駒。

 皐月賞でのディープインパクト産駒は、ワグネリアンとキタノコマンド―ルの2頭が出走しともに人気を集めましたが、7着,5着と見せ場を作れませんでした。ダービーに向けて、リーディングサイアーの底力をみせられるでしょうか?

 以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、青葉賞のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
08 L2 高速 失速
09 L2 高速 失速
10 L2 高速 持続
11 L2 高速 失速
12 L2 高速 失速
13 L3 高速 持続
14 L2 高速 失速
15 L2 高速 持続
16 L3 高速 失速
17 L2 高速 失速

(08は稍重)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

 近10年中6回がL2高速失速戦。道中が緩みがちな上に、動き出しのタイミングが遅いレースです。通常では、東京芝で前半が緩いとL3から一気にスピードが上がることが多いです。しかし、青葉賞はトライアルレースであること・ほとんどの馬が初距離であることの2点から、早めに動いて潰しに行く動きをする馬が少なく、直線の坂を待ってからのスパートとなります。

 スローで動き出しが遅いとなると、前残りが多そうですが、実際は差し馬が優勢です。これは、展開云々よりも鋭い脚を使える馬が強いというだけで、先行馬でも瞬発力がある馬ならば狙っても問題ないです。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 レッドエルディスト 5番人気2着
17 アドマイヤウイナー 8番人気3着

 2年連続で的中していますが、本命馬の指名理由はラップではなくローテーション。3月の中京芝2200の500万特別・大寒桜特別の勝ち馬が13年から5年連続で青葉賞で馬券圏内に来ています。

 大寒桜特別は2012年にできたレースですが、2012年の勝ち馬は京都新聞杯の勝ち馬・トーセンホマレボシ。この年以外の勝ち馬はすべて青葉賞に出走し、すべて馬券になっています。

 しかも、1番人気になったのは14年ワールドインパクトだけで、配当的にもおいしい結果になっています。

青葉賞のポイント

 大寒桜賞は2014年以降、中盤が緩くL2最速戦になるレースが続いています。青葉賞のラップとの親和性も非常に高いです。3歳馬にしては長めの距離で、左回り、L2最速戦と青葉賞につながらない理由がありません。

 今年の大寒桜賞は、12.9-11.7-11.9-13.1-13.2-13.0-13.0-13.2-12.4-11.5-11.9というラップ。稍重で全体的に時計がかかりましたが、中緩みからL2地点での瞬発力勝負になったので、今年も青葉賞につながるのではないでしょうか

 ということで、今年の青葉賞特注馬はこれで決まり。常に勝負どころの手応えが怪しいように、エンジンのかかり出しは少し悪い印象ですが、スピードに乗ってからの持続力はなかなかのものです。

 青葉賞の特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)

 ・・・なんでその馬なんだよ!というツッコミなしでお願いします(笑)

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする