2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018CBC賞過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年7月1日の中京競馬場メインレースは、サマースプリントシリーズ2戦目となるG3CBC賞です!

 私はラップ分析をメインとした予想をしていますが、このレースで注目なのは血統です。新装中京競馬場で開催された2012年以降のCBC賞は、すべて勝ち馬にサンデーサイレンスの血が入っています。

 芝重賞だしそりゃそうでしょ、と思われる方もいるでしょうが、さすがに芝1200重賞だとサンデーサイレンスの血が入っていない馬の出走も多く、出走馬の中でサンデーサイレンスの血が入っている馬が2014年は7頭、2016年は6頭と過半数を割ることもあります。

 その中でもディープインパクト産駒が2勝(ウリウリ、シャイニングレイ)をあげています。ディープインパクト産駒は芝1200重賞で5つしか勝っておらず、そのうち1つは2歳戦。短距離イメージの全くないディープインパクト産駒が複数馬で勝利をあげているということは、単なる芝短距離重賞ではない何かがあるのでしょう。

 このページではもちろん、ラップ的な特徴からアプローチしていきますが、このような傾向があることは頭に入れておきたいですね。

 以下、2012年の中京競馬場改修後、過去6年の上がり傾向、私の過去予想、CBC賞のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去6年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合  前後半ラップ
12 L3 高速(11.2) 超失速(1.3) 33.7-35.0
13 L3 超高速(10.8) 超失速(1.2) 34.2-33.8
14 L3 高速(11.3) 持続(0.4) 34.2-34.4
15 L3 高速(11.2) 超失速(1.0) 33.4-35.7
16 L2 超高速(10.8) 失速(0.9) 33.8-33.4
17 L3 高速(11.1) 超失速(1.5) 33.3-34.8

(12,15は重馬場)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

 現代スプリント重賞にしては珍しく、L1での落ち込みが非常に激しいレースです。近年は短距離馬でも、前半からコントロールがきく馬が多く、中盤で緩んで終いは持続戦になることが多いです。

 しかし、CBC賞ではペースが速かろうと遅かろうとお構いなく、ラスト1ハロンでは12秒前後までスピードが大きく落ち込みます。前後半のラップを見ていただければわかりますが、そこまで激しいハイペースにならなくても、L1は苦しくなります。

 この原因は中京のコース形態にあります。スタートから1ハロンは緩い上りで、そこから3ハロンは下りが続きます。そして、L2地点で一気に上り、L1は平坦となっています。

 このコース形態から、スタート直後はスピードが上がりづらく、2ハロン目から4ハロン目が速くなります。そして、その勢いのまま坂を一気に駆け上がるため、残り200mの平坦部分に脚が残らないのでしょう。ラップを見ても、1ハロン目とL1だけ12秒台で、残りの4ハロンが10秒台というラップになっている年もあります。

 ラップが極端なので、上位馬の脚質も極端になりがちです。タフな逃げ・先行馬が、道中で後続の脚を削いでL1で大きく失速しながらも粘り、前半は我関せずの追込み馬が失速地点で一気に浮上するなど、逃げ馬と追込み馬の共存が起こりうるレースです。

 実際、昨年は道中ほぼ最後方のシャイニングレイが1着で、2・3着は道中ハナと2番手だったセカンドテーブルとアクティブミノル。2年前もレッドファルクスだけ突っ込んできて、2・3着は道中1,2番手の馬でした。

 積極策を取る馬と、前半死んだふりをしている馬のどちらかが強いレースです。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 ラヴァーズポイント 7番人気2着
17 トーセンデューク 11番人気8着

 昨年はいかにもな追い込みタイプを狙ったのですが、別のディープインパクト産駒が来てしまいました・・・。2年前は人気薄・軽ハンデのラヴァーズポイントを狙って成功したので、前残りを軸に、ヒモに追込み馬を置く方が打率は上がりそうですね。

CBC賞のポイント

 積極的な競馬になりそうなのは、アクティブミノル・トウショウピスト・ワンスインナムーンの3頭。ゲートが速いのはワンスインナムーンですが、おそらくゴリゴリとアクティブミノルがハナを取り切り、トウショウピストがこれに続くレースになりそうです。枠順によって微妙に変わってくるかもしれませんが。

 アクティブミノルは、前半から無理したくはありませんが、終いは失速してほしいタイプなのでCBC賞の条件は非常にマッチしています。トウショウピストも、ポジションは取りたいがペースは上げ切りたくない馬で、この2頭で折り合いがつくかどうかがレースの最初のポイントになりそうです。

 特注馬は追込みタイプから1頭選びました。こちらは、前半速くなってしまった方がいいですが、終いで12秒台に落ち込むレースには強いので、CBC賞との相性はよさそうです。

 特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする