2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018東京優駿(日本ダービー)前哨戦レビュー~プリンシパルステークス~

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!

 2018日本ダービーに向けた前哨戦レビュー第2弾、プリンシパルステークスのレース回顧、およびダービーに出走するコズミックフォースの個別分析記事です。

 1着馬だけが優先出走権を得ることができる、ダービーの最終便。なかなかダービーにはつながらないですが、ダンスインザダーク・サイレンススズカ・ルーラーシップ・スピルバーグと4頭のG1馬を輩出しています。今年のプリンシパルステークスも、超高速馬場ではありましたが1分58秒台前半の決着タイム。コズミックフォースにも、明るい未来が待っているでしょうか!?

レースラップ

12.7-11.3-11.3-11.6-12.3-12.0-11.9-11.3-11.8-12.0 (59.2-59.0=1:58.2)

最速地点 最高速度 失速度合
L3 高速(11.3) 失速(0.7)

 内枠のコスモイグナーツがスタート直後は先頭でしたが、外のトーセン勢・トーセンクリーガートーセンヴィータが勢いよく前を取りに行き、結果的にはトーセンクリーガーの単騎逃げに。序盤の4ハロンが速く、上記の3頭にかかったインスピレーションを加えた4頭が引き離してレースを進めます。

 先頭集団は59秒台、後続は1分を少し超える形で前半1000mを通過します。インスピレーションが早々に脱落し、トーセン2騎とコスモイグナーツがさらに引き離す形で直線に入ります。直線入口で先頭に立ったコスモイグナーツと、後続集団から早めに追いかけてきたコズミックフォースの差は1秒ほどありました。

 坂を上り終えたL2地点で、一気に差が詰まり残り200では早くもコズミックフォースが先頭。コズミックフォースもさすがにL1では苦しくなって、中団にいたイェッツトと後方から追い込んできたブレステイキングの猛追を受けますが、なんとかしのぎ切ってダービーへの最後の切符をつかみ取りました。

スポンサーリンク




各馬回顧

1着06コズミックフォース

 プリンシパルステークスでは、馬群の先頭で競馬を進め、4コーナーからは自ら動いて前を捕まえていく堂々とした競馬で権利を掴みました。

 L3地点ではコスモイグナーツとの差がほとんど縮まりませんでしたが、L2地点でぐんと伸びたように、L3からの400mは11秒台前半の脚を持続しています。

 この日の東京は超高速馬場で、1000万条件の芝1400で1分20秒ちょうどの決着。プリンシパルステークスも1:58.2という普通の馬場なら古馬G1級の時計が出ました。翌日の1000万条件が1:58.3だったので、ペースを比較してもなかなかの好時計ではありますが、字面ほどのインパクトはありません。

 この馬自身の上がり3ハロンは34.2ですが、ラップと映像を合わせると11.1-11.1-12.0といった感じのラップの踏み方をしているようです。もう少しL1地点で踏ん張れていれば、高速馬場でのトップスピード持続力は文句なしと言えるのですが、少し甘くなったように世代最上位の戦いとなるダービーで武器となるほどではありません。

 すみれステークスでキタノコマンド―ルの5着に敗れましたが、このレースはスローから12.0-11.8-11.0-11.7とL2地点での瞬発力が求められました。外からかぶせられた分だけスムーズではなかったですが、L2地点でのスピードでキタノコマンド―ルに大きく劣ったように、瞬発力勝負では分が悪そうです。初の輸送が影響したかもしれないというのは、ダービーに向けては巻き返しのポイントですが・・・。

 京成杯2着も低速持続戦でしたし、現状では中距離で前半からある程度流れた中でのトップスピード持続力を活かす形が一番いいでしょう。今回は、ジェネラーレウーノはそれなりのペースで飛ばすでしょうが、ダノンプレミアム・エポカドーロといった先行馬は前半はスローで進めたいところ。これらに付き合わず、前半から積極的な競馬をした時にはチャンスの芽があるかもしれません。

 枠順を見てからの判断にはなりますが、ダービーで買い目に入れないことになるでしょう。

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする