2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018ダービー卿チャレンジトロフィー過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年3月31日の中山メインレースは、マイルのハンデ重賞ダービー卿チャレンジトロフィーです!

 どちらかというと渋めのメンバーで行われる印象の強いダービー卿チャレンジトロフィーですが、10年ショウワモダン・15年モーリスの2頭がその後安田記念を制しており、近年は安田記念に向けたトライアルの1つとして十分に機能しています。

 オープン特別のマイル戦の常連組が多数揃うレースですが、条件戦上がりで勢いのある馬がここを足掛かりに飛躍していくこともありますね。モーリスはもちろん、13年トウケイヘイロー・16年マジックタイムはここで重賞初勝利をあげ、その後は重賞でたびたび活躍しています。

 今年はオープン入り後は伸び悩んでいるグレーターロンドンが1番人気になるでしょう。これに4歳マイル路線の主軸となるレッドアンシェルディバインコード(ディバインコードは除外対象です)が挑む構図。大阪杯を回避してこちらに回る予定のマルターズアポジーがいるので、締まったレースが期待できそうですね。

 以下、阪神開催だった2011年を除く過去10年の上がり傾向、私の過去予想、ダービー卿チャレンジトロフィーのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
08 L2 高速 持続
09 L3 低速 持続
10 L2 高速 持続
12 L1 高速 持続
13 L3 低速 持続
14 L4 低速 失速
15 L1 超高速 持続
16 L3 高速 失速
17 L3 低速 持続

(14,17は稍重)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

 日本一トリッキーなマイルコースである中山1600(ダートを含めれば浦和1600がありますが、あれはトリッキーというより不公平感が強いですよね・・・)。

 スタートから緩やかなカーブが直線まで続くこと、そしてスタート地点がゴールよりも2m以上標高が高く、残り200mまで4mほど断続的に下り、ラスト1ハロンで2m一気に登るというアップダウンも特徴的です。

 前半のペースは速くなりがちですが、過去10年で前半1000mが57秒台だったレースはどちらも逃げ切り勝ち(13年トウケイヘイロー・14年カレンブラックヒル)。逃げ切った2頭はともに実力馬ですが、後方勢にとっても脚を溜めづらいコースになっています。

 最速地点はバラバラでL1最速戦が2回もありますが、基本的には明確な仕掛けどころはありません。道中の下り坂で勢いがついた状態で直線に入り、惰性で坂まで上りきるパターンがほとんどです。瞬発力が求められることはまずないといっていいでしょう。

 それは失速度合に強く表れていて、9回中7回が持続系の競馬になっています。どこかで鋭い脚を一瞬使って粘り込むといったレースではなく、後半800mをほぼ等速で走り抜ける持続力が重要です。

 最高速度に関しては、馬場状態に強く依存しています。時計がかかる馬場なら低速、1分32秒台の勝ちタイムが出るような馬場なら高速といったところでしょうか。

 今年の中山はかなり馬場が悪くなっています。今週から芝コースはBコースに替わりますが、どこまで回復できるでしょうか。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 キャンベルジュニア 1番人気8着
17 キャンベルジュニア 1番人気2着

 2年連続で1番人気の同じ馬を狙うのはどうなんでしょうか?w

 キャンベルジュニア自体は持続力特化型で、中山マイルは非常に相性のいいコースだと考えていますが、16年は逃げる形になって失速。17年は2着には入ってくれましたが、前を捕えきれず。

 今年も登録していますが、どうしましょうか・・・。

ダービー卿チャレンジトロフィーのポイント

 マルターズアポジーが出てくれば、淀みないペースにはなってくれそうです。前走超スローとはいえ中山マイルを逃げ切ったミュゼエイリアンがいるので、きっちり出していく必要はありそうですし。

 さすがに32秒台は期待できませんが、46.5-47.0=1:33.5くらいの時計は出せる馬場。マルターズアポジーが前半から緩めすぎずにレースを進め、後半は低速の持続力勝負になりそうな予感がします。

 キャンベルジュニアは今年はついに人気しそうもないので当然狙いたい1頭ですが、前半が少し速くなった方がいい持続型の末脚を持つ馬を特注馬として挙げておきます。前走が案外だったのですが、このクラスともなると最高速度が高くない方がよさそうです、

 特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする