2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018フィリーズレビュー過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 今週の日曜阪神メインレースは桜花賞トライアルG2フィリーズレビュー

 チューリップ賞と比べると桜花賞へのつながりは少ないレースですが、13年勝ち馬メイショウマンボはオークス・秋華賞の2冠、15年勝ち馬クイーンズリングは4歳でエリザベス女王杯を制し、昨日の引退レースとなった有馬記念で2着。むしろ長い距離での活躍馬も誕生しています。

 ただ、チューリップ賞より200m短いトライアルなだけに、よりスピード自慢が集まるレースです。ワンカラットアイムユアーズベルカントソルヴェイグと先ほど挙げた2頭以外の勝ち馬は、その後スプリント路線での活躍が目立ちます。

 将来の活躍馬が多く輩出されるレースなので、今後数年につながる重要な一戦です!もちろん、昨年の2着馬レーヌミノルが桜花賞で金星をあげたように、桜花賞路線にとっても見逃せませんね。

 以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、フィリーズレビューのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
08 L3 低速 失速
09 L1 低速 超持続
10 L3 低速 超持続
11 L4 低速 失速
12 L4 低速 超失速
13 L3 高速 失速
14 L2 高速 超失速
15 L3 低速 失速
16 L2 低速 超持続
17 L2 低速 持続

(11は稍重)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

 08年から長らく走破時計が1分22秒台で安定していましたが、昨年は1:21.0の好時計がマークされました。過去10年で最速の前半3ハロン33.5が計測されたためですが、この時期の阪神の馬場が軽くなっていることも見逃せません。

 特に今年は近年で一番軽いといって差し支えない状態ですので、今年も全体時計が速くなる可能性が高いです。

 牝馬戦とはいえ阪神内回り芝1400なので、直線での瞬間のキレ味勝負にはなりづらい側面があります。1200路線からのチャレンジも多く、前半から流れて終いは粘りあいの側面が強くなります。

 それが顕著に出ているのが最高速度。全体時計が出ている割には低速が8回と優勢。トップスピードの高さは必要とされず、中間速でゴール前まで駆け抜けるレースとなります。

 ただし、難しいのは最速地点・失速度合がバラバラであること。前半3ハロンでのポジション争いが終わった800m(L4)地点で一旦ペースが緩むのですが、その後の加速の度合いによって終いの失速度合も決まります。

 直近の傾向を強く見るとするならば、L4地点で緩んで3~4コーナーで流れが落ち着いて、コーナー出口から直線入口にかけての再加速戦がここ2年の流れ。

 ここに関してはあまり決めつけるわけにはいかないので、逃げ馬の頭数や騎手からどのようなペースになりそうか判断する必要がありそうですね。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 エイシンピカソ 11番人気11着
17 ステラルージュ 9番人気9着

 上がりの傾向が読みづらいレースは苦手です・・・。

 荒れるイメージが強いレースですが、3番人気までがすべて消えたのは08年が最後。二桁人気もそこそこは来る(08,09,13,14で3着以内)のですが、特に近年は終いでばったりとは止まらないので、グチャグチャの大荒れにはならないのかもしれません。

フィリーズレビューのポイント

 現状収得賞金900万以上の14頭と地方馬スウォナーレが抽選なしで出走可能(チューリップ賞に出たシグナライズも含めています)。1勝馬も3頭以上は出走できるので、木曜になるまではどのようなメンバー構成になるかはわかりません。

 抽選なしで出走できる馬では、コーディエライト・ラブカンプー・レッドレグナントが逃げ候補。1200でもハナを確実に取ってきているラブカンプーが最有力。重賞実績があるコーディエライトは、前走の阪神ジュベナイルフィリーズで逃げられずに大敗。積極策をとる可能性もあります。

 ラブカンプーは5走連続で逃げて連対していますが、ペースは落として逃げるタイプ。前走かささぎ賞は、12.0-10.6-11.3-11.7-11.4-12.0とバランスこそ33.9-35.1のハイペースですが、L3地点で一旦緩めてL2再加速戦で勝利しています。

 近年のフィリーズレビューの傾向からも、テンは速くても一旦落ち着いてL2再加速戦になりそうな気配です。

 特注馬はL2再加速戦勝利経験がある馬にします。数頭いるのですが、一番ピンときた馬で。

 特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)

 明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする