2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/10/13東京11R府中牝馬ステークス予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

府中牝馬ステークスの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速(11.1) 持続(0.3)
17 L2 高速(11.0) 持続(0.5)

(16は良、17は稍重)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続)

想定上がり:L2高速持続

 先週の府中は、超高速まではいかないものの開幕週らしい軽い馬場でした。今週も曇りは多かったですが雨はほとんど降らなかったので、継続して時計の出やすい馬場での競馬になるでしょう。

 11頭立てと少頭数で、カワキタエンカが逃げるのが確定的な構成になっています。最内を引いた昨年の勝ち馬クロコスミアや、阪神牝馬ステークスで逃げの手に出たミスパンテールはいますが、どちらもスローペース志向の逃げ馬。というか、ミスパンテールは追込馬ばかりだった阪神牝馬ステークスで奇襲に打って出ただけですし、カワキタエンカが行く気をみせれば確実にハナはとれるでしょう。

 ほぼ間違いなく逃げると目される馬がいると、展開は早めに落ち着きやすいです。しかも少頭数で紛れが少ないので、スローで淡々と流れることになる可能性は極めて高いです。

 単にスローと言っても、カワキタエンカの場合は序盤速めで中盤にしっかりと息を入れて、直線で鋭い一瞬の脚を使う馬です。前半から13-12-12のような超スローにはならないでしょう。

 4コーナー12秒台から、直線は11秒前半が3ハロン続くラップが想定されます。ペースが楽なので持続力自体はそこまで必要とはならず、加速地点でスッと動ける軽さが重要となるでしょう。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯01クロコスミア
▲10リスグラシュー

馬単◎→1,10
3連複◎-1,10-3,4以外総流し (13点)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 非常に適性の幅が広く、どんな時でも自分の力を出し切る馬ですが、最も合う条件はここと見て中心視しました。

 前回勝ったレースが48.5-45.9と超スローに近い流れで、12.0-11.4-11.0-11.5と遅いL4地点から直線でグッとスピードが上がる競馬でした。差がつきにくいスローの上がり勝負で1馬身以上の差をつけたので、まさに完勝といえるでしょう。

 その後は、左回りでも右回りでも直線が短くても長くても安定して走っていますが、ベストはスローの軽い上がり勝負でしょう。

 血統からも消耗戦向きと思われているのか人気が低いですが、逆に適性はここにあると信じて中心視します。特に頭で売れていないので(イメージ的に当然ですが)、3連系を中心に据えつつも頭の馬券も買います。

◯10リスグラシュー

 安定感ならリスグラシュー。東京では特に力を発揮できる馬で、東京新聞杯では47.6-46.5のスローで12.4-11.1-11.0-12.0と、L3地点での急加速からのトップスピード持続力で完勝しました。

 ヴィクトリアマイルも46.8-45.5のスローバランスで好走し、逆に安田記念は45.5-45.8のミドルペースで凡走。あまり前半の追走スピードを求められない方がよさそうで、牝馬限定戦に戻るここは無難に上位候補でしょう。

 この頭数・枠なら出し切れないことはなさそうですし、鞍上も末脚を出し切ることにかけてはNo.1。よほど状態面に問題がなければ、馬券圏内は堅そうです。

▲01クロコスミア

 昨年の覇者クロコスミアも当然好勝負可能。昨年は49.5-12.4-46.2と超スローに持ち込んで、12.5-11.2-11.0-11.5と直線入口で一気にスピードを上げて出し抜きました。

 次走のエリザベス女王杯も、前半1000mが62.0で、さらに淀の坂でも息が入る超スローの流れ。12.2-11.6-11.2-11.6とスローの軽い上がり勝負で、あわやの2着。

 直線だけの競馬に持ち込めば、機動力と瞬発力の高さでG1でも好勝負出来る馬。今年は自ら主導権を握る立場ではなく、出し抜けをかますのは昨年ほど簡単ではなさそう。有力なのは間違いないですが、昨年よりは少し評価を下げました。

その他の馬

 ラップ適性的にディアドラは消す以外の選択肢はありません。上がりがかかる馬場に対応できるタフネスさ・小回りでコーナーから動ける器用さが武器の馬。今回の府中牝馬ステークスは、全く逆の適性が問われるレース。ここは消しの一手です。

 ソウルスターリングも、スピードが一気に上がった時の対応に疑問が残ります。オークスのように長い距離で11.6-11.3-11.2-11.6とトップスピード持続力に特化した競馬がベストです。スローで反応の鋭さが求められるレースになると、昨年の毎日王冠のように無理にスピードを上げた分だけ失速する可能性があります。

 この2頭を消して、残りは総流しにします。ワイド2点を買うより配当面での上積みが狙えます。本線以外では、ジュールポレール・メイズオブオナー・アドマイヤリード辺りを厚めに買う予定です。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする