2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018キーンランドカップ過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年8月26日の札幌競馬場メインレースは、サマースプリントシリーズの行方を占うG3キーンランドカップです!

 夏も終わりが見えてきて、サマースプリントシリーズも残すところキーンランドカップとセントウルステークスの2戦となりました。

 北九州記念で、CBC賞勝ち馬アレスバローズが1着、アイビスサマーダッシュ勝ち馬ダイメイプリンセスが2着になったことで、優勝争いはかなり絞られました。

 キーンランドカップは北海道で夏に使ってきた馬が中心となりますが、サマースプリントシリーズに組み込まれている函館スプリントステークス勝ち馬セイウンコウセイは、キーンランドカップへの登録なし。2着ヒルノデイバロー・3着ナックビーナスが、逆転への一縷の望みを賭けてキーンランドカップに出走します。

 アレスバローズが20ポイントを持っているので、キーンランドカップ組がサマースプリントシリーズを制覇するためには、中1週でセントウルステークスを使う必要があります。現実的には厳しい条件ですが、ここからサマースプリントシリーズを電撃制覇する馬が現れるでしょうか?

 以下、函館代替開催だった2013年を除く過去10年の上がり傾向、私の過去予想、キーンランドカップのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
08 L2 高速(11.0) 失速(0.7)
09 L2 高速(11.4) 超持続(0.2)
10 L3 高速(11.4) 持続(0.3)
11 L3 低速(11.5) 失速(0.8)
12 L2 高速(11.3) 超持続(0)
14 L3 低速(11.5) 持続(0.4)
15 L2 高速(11.4) 超持続(0)
16 L3 高速(11.3) 持続(0.5)
17 L3 低速(11.6) 失速(0.6)

(13年は札幌競馬場改修のため、函館競馬場で開催)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

 札幌競馬場は、直線部分が短くコーナーが長いのが特徴です。芝1200mだと、最初のストレートが400mほどで、L4~L2はゆるいコーナーが断続的に続いて、L1での短い直線で最後の力を振り絞るレースになります。

 カーブの半径が大きいので、コーナーで動いていっても外に吹っ飛びにくいコースなので、4角では馬群が大きく横に広がることが多くなります。外でも減速しにくいというのは、外を回す馬にとってはいいですが、距離ロスが大きくなるので直線で案外伸びずというケースもよくあります。

 逆に差し馬でよくくるパターンは、4コーナーでは動くのを我慢して、直線に入ってから進路を探して突っ込んでくるようなレースをした馬になります。先週の札幌記念でも、外に出さずに(出せずに?)内で我慢したサングレーザーが、直線で狭いところを割って大外を回したマカヒキを差し切りました。また、3着モズカッチャンも外には出さずに短い直線に賭ける競馬でしたね。

 ラップとしては、比較的単調なラップになりやすいです。テンが速く、コーナーでも緩いカーブでスピードがあまり緩まず、徐々に減速していって直線では少しタフな上がりになるといった具合です。

 コーナーで下手に溜めると、15年ウキヨノカゼのようなスプリント戦らしくない大マクリが決まってしまうので、先行馬は後続の脚を徐々に削っていくような流れを作らないと、かえって鋭い差し脚をもつ馬にやられてしまいます。

 出走馬の顔ぶれからペースをある程度予測して、遅いようならばコーナーで動ける馬に警戒が必要となります。逆にミドルくらいで淡々と引っ張れる先行馬がいれば、その馬の信頼度が高くなるとともに差しが届かないケースを想定した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 3頭ボックス 9,11,12着
17 5頭ボックス 1,3,4,10,11着

 先行馬のペースの作り方次第で展開が大きく変わるレース。かなり予測しづらい部分に頼るところがあるので、毎年軸馬を絞り切れていません・・・。

 昨年は12番人気1着エポワス・5番人気3着ナックビーナス・11番人気4着フミノムーンを買っていたのですが、2着ソルヴェイグが抜けるかなり痛い決着でした・・・。

キーンランドカップのポイント

 展開という事前に考察できるものの中でも、かなりの水物に依存するので自信を持つのが難しいレースです。

 また、ラップ的にあまり特徴がないレースなので、適性からひねり出すという類ではないというのも悩ましいところ。

 馬を絞る要素が少ないですが、先週の馬場からも札幌競馬場はかなりタフな芝になっています。キーンランドカップ自体が、ここ4年連続で8秒台後半から9秒台で決着しているので、今年も重賞にしては遅いタイムでの決着になります。

 ということで、高速決着よりもパワーのいる馬場状態に強い馬、というのが一つの狙い目になるでしょう。

 メンバー構成からはさほど速くならなさそうですが、特注馬は差し馬から1頭選びました。キーンランドカップに向いているというよりは、スプリント界でこれから大きいところで戦えると感じている実力馬になります。世代レベルが非常に高い中で、前走は明らかに展開が不向きだったにも関わらず良く伸びました。

 今回もコーナーで待って進路を取れれば、アタマまであっても何ら不思議ではありません。

 特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする