2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018京都記念過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

今週は建国記念の日が日曜に重なっての3連休開催。

土曜:京都・小倉日曜:東京・京都月曜:東京・小倉

となりますので、ご注意ください。

日曜に東京・京都それぞれで春のG1戦線に向けて楽しみなレースが行われます。

中でも、京都メイン・京都記念は少頭数ながら豪華メンバーが登録しています!

古馬戦線で猛威を振るう4歳世代ですが、ここにはG1馬4頭に2着馬1頭の5頭がエントリー。

最注目はジャパンカップ2着以来のダービー馬レイデオロ。今回はルメール騎手の騎乗停止でバルジュー騎手が手綱を取りますが、春初戦どのようなスタートを切るか楽しみですね。

当然、皐月賞馬アルアイン、秋華賞馬ディアドラ、エリザベス女王杯馬モズカッチャンに菊花賞2着クリンチャーと他の4歳馬も強力ですから、G1級の好レースに期待したいです。

・・・5歳以上は一矢を報いることができるのか。チャンスがあるのはクロコスミアミッキーロケットでしょうか。

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、京都記念のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
08 L3 高速 失速
09 L2 高速 超失速
10 L1 高速 超持続
11 L2 高速 持続
12 L3 高速 超失速
13 L2 高速 超持続
14 L2 高速 失速
15 L2 高速 失速
16 L3 超低速 持続
17 L1 低速 超持続

(16は重、14,17は稍重)

2015年までは軽い上がりが連発していましたが、ここ2年は雨の影響で馬場が渋り上がりもかかっています。

今年も月曜時点では土曜が雨予報。先週日曜に1600万と1000万で芝1200のレースが行われており、これが時計の一つの目安になると考えていますが、勝ちタイムは1:09.4と1:10.5。

どちらも1200とは思えないドスローだったので、この数字を鵜呑みにするのは危険です。が、どうみても時計はかなりかかっています。

この芝の状態に雨がプラスされるとなると、相当タフな馬場でレースが行われそうです。

馬場が軽かろうと重かろうと、仕掛けがかなり遅いレースです。

ほぼ毎年複数のG1馬の今季初戦となるレースで、しかもフルゲートになるのが稀という少頭数での競馬。わかりやすく逃げそうな馬がいることも多く、序盤から落ち着いたレースになりやすいです。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 マイネルディーン 13番人気13着
17 アングライフェン 8番人気5着

2年連続で単勝万馬券超えを狙ってますね・・・。

ここ2年(特に16年)は雨の影響で馬場がかなり重く、馬場の巧拙を意識しての予想です。

それにしてもマイネルディーンは無理筋すぎる・・・。

京都記念のポイント

今年はプリメラアスールが逃げて、クロコスミアが2番手。テンが遅いクリンチャーがこれにどこまでついていくか、というレースになる可能性が極めて高いです。

クロコスミアは、スローで直線入口で軽い上がりを使って2戦連続好走。プリメラアスールを突っつく可能性は非常に低いです。

また、プリメラアスール自体も2年前に同条件のエリザベス女王杯で5着に健闘していますが、この時のペースが61.8-25.1-46.0とギリギリまでペースを落として走っています。

以上から、直線まではスローでかなり単調なレースになるでしょう。あとは馬場状態次第で上がりの速さが決まってくるでしょう。ここは前日の競馬を観て判断したいです。

現時点で、スローの単調なレース向きで馬場不問という意味での特注馬はいます。

特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする