2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/03/10中山11R中山牝馬ステークス予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

中山牝馬ステークスの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L4 低速 超持続
17 L2 高速 持続

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続)

想定上がり:L2低速失速

 今週の関東地方は不安定な天気。特に金曜日にかなりの降水量がありました。どのくらい土曜の馬場に影響が残るでしょうか。

 週中の予報よりは雨が止むのが早く、土曜は一日天気が良さそうなので、良馬場までは回復しないかもしれませんが、グチャグチャ馬場とまではいかない気がします。

 中山の馬場は見た目よりは悪くないのですが、内を通してどこまで伸びるかは微妙。少し時計がかかる馬場にはなるでしょうから、前の馬にはタフなレースになるかもしれません。

 展開はカワキタエンカがハナでしょうが大外枠。エンジェルフェイスの方が内ですので、もしかしたらこちらがハナを取りきってしまうかもしれません。

 エテルナミノルを除くと、ゲッカコウ・シャルール・ワンブレスアウェイ・オートクレールなどの2番手集団が軒並み外枠。中山1800は最初の直線が上りで短いので、やりあうとペースが無駄に上がる可能性も。

 もともと中盤から早めに動き出す条件なので、タフな末脚勝負になるでしょう。牝馬戦なので4コーナーで緩むL2低速戦にはなるでしょうが、L4地点からジワジワ動き出すでしょうし、ラストも雨の影響で落ち込むでしょう。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)
◯06フロンテアクイーン
▲04マキシマムドパリ
△10レイホーロマンス
×01エテルナミノル
×02トーセンビクトリー
×08ゲッカコウ
×14カワキタエンカ

単勝◎ 
馬連◎-4,6,10 (4相手厚め)
3連複◎-4,6,10-1,2,4,6,8,10,14 (15点)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)

 前走でも高い評価をしていたのですが、L2高速戦になってしまいトップスピード不足で完敗。しかし、この馬の良さは低速での持久力にあります。

 1600万勝ちが牡馬の強力メンバー相手でしたが、11.6-11.6-11.5-11.7-11.8というロングスパートの持続戦。牝馬らしからぬ息の長い末脚で後続を振り切りました。

 オープン入り後はスローペースや全く不向きな条件ばかりで負けが込んでいますが、雨が残る中で前がやりあう可能性が高い願ってもない条件。強く狙いたいです。

◯06フロンテアクイーン

 勝ち味に遅いタイプですが、末脚は堅実。ここ3戦はいずれも軽い上がり勝負で惜しい2着続きですが、17福島牝馬Sのように11.8-11.8-12.1-12.2の低速ロングスパート勝負でも脚を使えます。

 適性が広い分、器用貧乏なところが出てしまっての2着が多いのでしょう。斤量は前走より1キロ増えていますが、福島牝馬Sと同斤で問題なし。前が速くなって後方勢にチャンスが出てきそうな流れもいいでしょう。

▲04マキシマムドパリ

 こちらは実績上位の安定勢力ですが、より力が出るのは時計のかかる馬場。

 重賞2勝がL2低速失速戦とL3高速超失速戦で、L1では12秒台後半まで落ち込んでいます。2走前から5走前までの4連敗はすべて持続戦で、ラストの失速地点をバテ差したいこの馬には向きませんでした。

 雨の影響が強めに残ってラスト止まるようなら馬券圏内の可能性は高いです。

△10レイホーロマンス

 前走は本命にして頑張ってくれましたが、想定とは大きく違う流れでの好走。2走前の尾張特別が12.2-12.7-12.1-12.4という超低速戦でしたが、これを前で押し切ったようにパワー型のタイプという印象でした。

 それが愛知杯では12.1-11.8-11.3-12.0の瞬発力勝負を一番いい脚を使って伸びてきました。単純に力をつけてきている可能性が高く、前回と似たようなメンバー構成なら再度の好走も十分にあり得ます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする