2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018新潟大賞典過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年5月6日の新潟メインレースは、中距離ハンデ重賞・G3新潟大賞典です!

 ゴールデンウィーク開催で、かつG1の裏での重賞となるので、どうしても印象が薄くなってしまう重賞ですね。ハンデ戦でこの時期の開催なので、一流馬の出走は極めて少なく、ローカル重賞らしいメンバーでの激戦となります。

 しかし、今年は4歳世代の新星トリオンフと悲願のG1制覇を目指す古豪ステファノスが参戦します。トリオンフは6月で収得賞金が半分になるので、秋に向けてここでの賞金加算は必須ですし、ステファノスは叩き良化型ですがこのメンバーなら負けられないところ。例年以上に今後に向けて重要な1戦となりそうで、見逃せないレースになりました。

 以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、新潟大賞典のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
08 L2 超高速(10.7) 持続(0.4)
09 L2 高速(11.0) 持続(0.5)
10 L2 高速(11.0) 失速(0.7)
11 L2 高速(11.2) 超失速(1.0)
12 L2 低速(11.5) 超失速(1.2)
13 L2 高速(11.1) 超失速(1.0)
14 L2 超高速(10.8) 超失速(1.0)
15 L2 超高速(10.9) 失速(0.6)
16 L2 超高速(10.8) 超失速(1.7)
17 L2 超高速(10.8) 超失速(1.4)

(12,17は稍重)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

 個人的に、日本一特殊なコースであると感じている新潟外回りでのレースです。2000mで純粋なワンターン戦は、新潟外回りしかありません。スタートしてから長い直線が続き、コーナーは半径が短く、最後の直線が600m超。2000mのうちカーブが400mしかなく、1600mもの間直線を走る特殊コースです。

 前半1000mが直線なので、1000m通過が1分を切ることが多いですが、実質的には59秒前半でミドルペース、59秒台後半はスローに近い流れとなります。前半に関しては、他の競馬場の2000mと比べ1秒弱は出やすいコースです。

 L5,L4地点がコーナーですが、ここで一気にスピードが上がることはありません。直線に入りジワジワとスピードが上がり始め、L2地点で一気にトップスピードに。思いっきりアクセルを踏み込むレースなので燃費は悪く、L1地点ではスピードがガクッと落ち込みます。

 最高速度は超高速が優勢で、ハロン10秒台の脚が求められます。しかし、重要なのはトップスピードが本来足りない馬でも、新潟ならば10秒台には対応できるということです。

 新潟外回りは、上がり3ハロンの時計が速く出るので、どうしてもトップスピードに長けた馬を狙いたくなります。しかし、直線が長すぎる上に平坦で、しかも入口からいきなりギアを切り替えるわけではないので、オープン馬ならばほとんどの馬が最速地点のスピードには対応できます。

 そのため、最速地点でのトップスピードはあまり重要ではありません。それよりも、ラスト200mで苦しくなるので、スピードを放出した後でも減速を抑えられる馬が狙い目となります。

 過去10年の勝ち馬も、似たようなコースである東京での実績がある馬は少なく、ロングスパートになりやすい小回り2000mや中山2200m、または2400m以上の長い距離での実績があった馬がほとんどです。長い直線コースである阪神・京都の1800mや、東京の1800m・2000mとの関連性は薄いのが新潟2000mです。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

 ここ2年、新潟大賞典は買っていません・・・。もともと新潟外回りが苦手であること、時期的に競馬予想に時間が取れないことなどの理由で、レースを観るだけになっています。

 今年は、近年では一番楽しみなメンバーですが、予想するとなると難しそうですね・・・。

新潟大賞典のポイント

 トーセンマタコイヤカレンラストショーマイスタイルステイインシアトルと主導権を取る可能性がある馬が複数います。ただし、どれもハイペースで逃げるタイプではないので、ポジション取りで折り合いがつけば、ペースは落ち着きそうですね。鞍上的にはカレンラストショーが逃げると思いますが、どれが逃げるかはあまり重要ではないでしょう。

 上がりに関しては、よっぽどのスローでない限りはデフォルト通りのL2超高速超失速戦になるでしょう。レースの流れを読む必要性は少なく、新潟外回りという特殊条件でいかに力を発揮できるかが焦点です。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする