2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/05/05京都11R京都新聞杯予想【自信度D】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

京都新聞杯の過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 超高速(10.8) 超失速(1.1)
17 L2 低速(11.5) 超持続(0.1)

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、1.0~は超失速)

想定上がり:L2高速超持続

 ケイティクレバーが逃げるかどうか、陣営のコメントからは微妙な感じです。タニノフランケルの出方次第になりそうですが、タニノフランケルも強引にハナを取るタイプではないので、お互いに様子を見ながらになりそうです。

 ペースは落ち着く可能性が高く、ケイティクレバー・タニノフランケルのどちらが逃げても中盤で緩めるでしょうから、坂の下りまではかなりゆったりと流れることになるでしょう。L3地点から11秒台前半になり、ゴールまでそれが持続する3ハロンのトップスピード持続戦になるとみて予想します。

 スローペース濃厚なので、同じ持続力タイプならば、より前に行ける馬を評価します。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

◎10レイエスプランドル(過去レース分析特注馬)
◯07ケイティクレバー
▲02グローリーウェイズ
[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)
△03レノヴァール
△08アドマイヤアルバ
△16ダブルシャープ

馬連BOX☆,2,7,10
3連複BOX☆,2,3,7,8,10,16

スポンサーリンク

 

 

◎10レイエスプランドル

 前走の山吹賞のラップの踏み方を評価しました。逃げるダブルフラットを徹底マークする形で、直線で2頭で抜け出しました。前半は62.4とスローで、11.9-11.5-11.4-11.7と中間速のロングスパート戦で最後まで脚を使い続けました。

 レースレベルとしては微妙ですが、最後まで馬を抜かないような素振りをみせていたので、脚自体はかなり余裕がありました。今回も前にケイティクレバー・グローリーウェイズなどの有力馬がいるので、積極的についていけば最後まで脚を使い切れると思います。

◯07ケイティクレバー

 まともなら能力は一番上。決して逃げなければという馬ではないですが、スローでポジション差を活かした競馬が持ち味ですので、やはり積極策を取ってほしいです。

▲02グローリーウェイズ

 きさらぎ賞のレースレベルは微妙ですが、やはり前受けできる強みがあるのはケイティクレバーと同じ。内枠を引けたので、2列目で我慢して抜け出す形なら馬券圏内の可能性は高そうです。

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)

 先行馬で長く脚を使えそうなタイプの穴馬です。前走はL1最速戦で、脚を余しながらの完勝でした。2走前でダブルフラットの2着に入っており、レイエスプランドルを評価するならば、こちらも上位評価しておきたいです。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする