2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018日経賞過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年3月24日の中山メインレースは、春の天皇賞のステップレース・G2日経賞です!

 近3年は天皇賞につながっていませんが、それ以前は阪神開催だった11年とネコパンチの奇襲がはまった12年(ネコパンチは春天不出走)を挟んで、4回連続で勝ち馬が春の天皇賞で連対を果たしています。

 今年の注目は2018年初戦となる菊花賞馬キセキ。また、前走香港ヴァーズでキセキに先着したトーセンバジル、芝で覚醒したナカヤマフェスタ産駒ガンコ、重賞5連続連対中のゼーヴィント、横山典弘騎手とのコンビが板についてきたロードヴァンドールなどなど面白いメンバーが揃いました。興味深い1戦となりそうです。

 以下、阪神開催の2011年を除く過去10年の上がり傾向、私の過去予想、日経賞のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
08 L2 高速 超失速
09 L2 低速 持続
10 L2 低速 持続
12 L2 超低速 失速
13 L3 低速 超持続
14 L2 高速 失速
15 L2 低速 超持続
16 L2 超高速 持続
17 L3 低速 失速

(12は重、10は稍重)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速、12.0~は超低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

 最高速度、失速度合が幅広くなっておりレース固有の傾向はあまりないレースです。

 毎年L4地点から断続的にスピードはあがるのですが、2周目が内回りの古馬戦にしては珍しくL2最速が優勢です。トライアルレースということも関係しているかもしれませんが、本仕掛けは直線に入ってからになることが多いです。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 ホッコーブレーヴ 6番人気7着
17 ツクバアズマオー 8番人気11着

 上がりの傾向がないレースだけに苦手にしているレースの一つです。人気通りに決まらない難解なレースなので、穴を積極的に狙っていきたいのですが・・・。

日経賞のポイント

 逃げるロードヴァンドールは距離への不安を完全に解消しているわけではないので、ペースはあまり上がらないと思います。2番手につけるのもガンコとノーブルマーズとはっきりしているので、道中は淡々と流れそうですね。

 中山の馬場状態は見た目通り内が悪くなってきました。今週まではAコースで施行されるので、馬群全体が外に流れていくレースになりそうな気がします。

 全体時計・上がりともにかかりそうで、L4地点から12秒前後に突入するでしょうが、最速地点でも11秒後半の低速戦となりL1では12秒台中盤までスピードが落ち込むレースとなりそうです。

 現状ではL2低速失速戦を想定していますので、特注馬は当然この馬。さすがに単勝オッズも1桁台でしょうが、時計のかかる条件はドンピシャですので連勝を期待したいです。

 特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ(40位前後にいます)

 明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする