2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/03/03中山11Rオーシャンステークス予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

オーシャンステークスの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L3 高速 失速
17 L2 高速 失速

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速)

想定上がり:L2高速失速

 枠の並びからするとネロがハナを取りきる形になるでしょう。決してテンのスピードが速いわけではないですが、他に逃げる手を打つ可能性があったラインスピリット・ナックビーナスより内に入れたので、最序盤は少し無理してでも逃げる形になるでしょう。

 これを外からラインスピリットナックビーナスレーヌミノルが追いかけ、内からはアルティマブラッドが続く形。今後のためにも、距離短縮組のビップライブリーダイメイフジがどこまで追走していけるかはチェックしておく必要があるでしょう。

 ネロ・ラインスピリット・ナックビーナスの枠順次第でペースが多少変わると考えていましたが、一番ハナを取る意思が強そうなネロがこの3頭の中では最内。これならペースはすんなり落ち着くでしょう。

 中山は木曜の未明から早朝にかけて各地を襲った嵐の影響で、前日時点で芝は良ですがダートは重。土曜は一日晴れの予報ですし、ここにきて関東地方はだいぶ暖かくなってきたので、芝には影響がないとみます。

 33秒台後半-34秒前後のバランスで、直線での再加速が問われるレースを想定します。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)
◯03アルティマブラッド
▲13ナックビーナス
△04ビップライブリー
△07キングハート
△10ダイメイフジ

単勝◎ 
複勝◎ 
3連複1頭軸◎-3,4,7,10,13 (10点、3,13絡みを厚め)
3連単◎→3,14→3,4,7,10,13 (8点)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)

 スローになりそうならこの馬かナックビーナスと週の始めから考えていましたが、相変わらず人気が全然上がらない方を本命にしました。

 オープン特別を休みなく使っているため、地味な印象が強く、鞍上も含めてなかなか人気の上がらない馬ですが、現状の短距離路線なら十分にG3レベルなら上位です。

 特にペースが落ち着いたときの信頼度は高く、ここ2戦はともに34.7-34.1という後傾ラップで連続好走。ここだけみるとスロー限定のようですが、重賞3着時などは、32.8-34.7のきついペースを先行し、11.5-11.2-12.0とL2地点で瞬発力を使う流れにも対応しています。

 実はペースを問わずL2地点で再加速する流れに強い、という評価をしており、それなら格好の条件となるここでは外せません。競合相手のことを考えると、枠もいいところを引いたと思います。

◯03アルティマブラッド

 ナックビーナスに中山1200で先着しており、内でじっと我慢できるタイプの先行馬が少ないため2番手評価にしました。

 前走ラピスラズリSは外枠からの発走でしたが、好スタートから2番手の外をキープ。33.9-34.0のイーブンラップで、直線で一旦ナックビーナスには出られましたが、ゴール直前で差し切ってオープンクラス初勝利をあげました。

 中山コースの相性が抜群ですが、坂での落ち込みが他馬より少ないレースぶりを見せています。シンボリクリスエス産駒らしいパワー型の短距離馬です。

 ラピスラズリステークスはL2高速失速戦と、今回の想定上がりともピッタリですし高評価です。

▲13ナックビーナス

 中山相性もよく、昨年のオーシャンステークスも2着。その時もL2高速失速戦で、前走シルクロードステークスは外枠が大きく響いたレース内容。

 馬の能力・適性自体には特にケチをつけるところはないのですが、やはり外枠が少しだけ不安。内で我慢させた方が成績が安定しているので、少し足りなくなるシーンはあるかもしれません。それでも3番手より下には評価を落とすわけにはいきません。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする