重賞回顧・競馬の考え方はこちらの新ブログへどうぞ!

2018クイーンカップ過去レース・上がりラップ分析

最強競馬ブログランキングに参加しています!

今週は建国記念の日が日曜に重なっての3連休開催。

土曜:京都・小倉日曜:東京・京都月曜:東京・小倉

となりますので、ご注意ください。

振替休日となる月曜東京のメインレースは牝馬クラシックのトライアル・クイーンカップ

関東で行われる桜花賞へ向けた牝馬重賞はこれとフラワーCのみ。アネモネSはなかなか桜につながらないですし、フラワーCも桜花賞への間隔が狭いので、桜花賞の有力馬となる関東馬はここに集う印象が強いです。

残念ながら桜花賞馬は出ていませんが、ホエールキャプチャヴィルシーナメジャーエンブレムとその後に東京マイルG1を勝つ馬が3頭出ています。

桜花賞だけではなく、先々まで楽しみな牝馬が誕生するレースですので、好走馬は覚えておいて損はありませんね。

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、クイーンCのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
08 L3 高速 失速
09 L3 高速 失速
10 L2 高速 失速
11 L2 高速 失速
12 L2 高速 持続
13 L2 高速 失速
14 L3 高速 失速
15 L3 高速 失速
16 L3 高速 失速
17 L2 高速 持続

(11,14は稍重)

一目でわかるのは過去10年すべて最高速度が高速であること。そして、10回中8回失速戦となっているように、L1地点では失速すること。

トップスピードの高さ、そしてラストの失速地点での我慢合戦になるのは間違いありません。

最速地点はL2とL3が6:4ですが、動き出しの開始地点はL3がほとんど。

前後半を800mずつ分けて比較すると超スローから平均ですが、800~1000の地点(L4)が遅くなりがちです。ここが11秒台になったのは、メジャーエンブレムが逃げて圧倒した16年だけ。

つまりは前半は毎回遅くなるわけではありませんが、コーナーで非常に緩みやすく、その分直線の入口から早めにトップスピードに乗せるレースになるといえます。

この辺は共同通信杯と似たような傾向になっていますね。3歳戦ならではです。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 ラブリーアモン 8番人気4着
17 レーヌミノル 3番人気4着

16年はメジャーエンブレムの相手探しという意味合いでの本命でしたが、惜しい4着。着差だけみるとそんなに惜しいわけでもないですが・・・。

17年はレーヌミノルがよどみないペースを作ってくれると期待していましたが、どうしてもコーナーでは少し緩んでしまいますね。キレ負けしてしまいました。

クイーンカップのポイント

登録馬が多いので現段階でどのような組み合わせになるかはわかりませんが、徹底先行型はセイウンリリシイのみ。

先行馬自体はそれなりの頭数登録しており、有力馬でもツヅミモンは2,3番手を取りに来るでしょうが、ここ2年に比べるとペースが緩みそう。

今年も直線での軽いスピード勝負になることは間違いありません。

気がかりなのは馬場状態。先週は2週目にして雨の影響で馬場がかなりタフになっていました。スローになればそれなりのトップスピードは求められそうですが、その分ラスト1ハロンが例年以上に落ち込むかもしれません。

よって、特注馬としてはL2~L3の高速失速戦で勝利している馬をあげておきます。登録段階でこの条件を満たしている馬が2頭しかいません(特注馬以外のもう1頭はミュージアムヒル。この馬は出てきたらそれなりに人気しそうですが、連闘なので出走してくるのでしょうか?)。

特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする